17Live(イチナナライブ)の運営会社とは?

17Live(イチナナライブ)の運営会社とは?

17Live(イチナナライブ)の運営会社は、2015年に台湾のヒップホップグループ「L.A.Boyz(洛城三兄弟)」のメンバー1人である黄立成(ジェフリー・フアン)が台湾で創業しサービスを開始しました。

運営会社名はM17 Entertainmentとなります。

日本でのサービスは株式会社17 Media Japanを2017年6月に設立したのち、2017年9月より本格的に日本で17Live(イチナナライブ)のサービスを開始しています。

株式会社17Media Japanの代表取締役は小野裕史で、Infinity Venture Partners(インフィニティベンチャー パートナーズ)の設立者であり、Infinity Venture Partnersは日本のベンチャーキャピタルでM17 Entertainmentの主要株主となっております。

結果的に上場を延期にはなりましたが、2018年6月にアメリカNASDAQへの上場を計画したのち、NASDAQへの上場が承認されていました。

日本のライブ配信アプリの中で大きな存在感を示す17Live(イチナナライブ)

下記通り、2018年の日本のライブ配信アプリ売り上げの中で17Live(イチナナ)は売り上げ推定値で24.2億円と、

『SHOWROOM』 (45.7億円)についで第2位となっております。

これは17Live(イチナナ)が日本では2017年9月より本格サービスを開始したところを考えると驚異的な数字といえるでしょう。

現在も17Live(イチナナ)が成長拡大中なところを踏まえると今後『SHOWROOM』を抜かして第1位になる可能性も充分あります。

17Live(イチナナ)の公式ライバー(認証ライバー)として配信する方法

今後も成長が期待される17Live(イチナナ)で公式ライバー(認証ライバー)と配信してみてください。応募には2通りの方法があります。

<応募の仕方>

事務所よりの応募

Live配信に特化した事務所があるので、事務所を紹介します。

現在既に、ライブ配信事務所として、50人以上のライバーが所属している、ベガプロモーションさんのLINE@を記載します。

ライバーになりたい方は連絡してみて下さい!

担当の方のレスは早いのと詳細な説明を丁寧にしてくれるのでお勧めです。

ここは、他にもインフルエンサー案件などもお持ちのようで、インスタをされているモデルさんなども多数所属しているそうです。

 

17公式ページより応募

公式ページの問い合わせより公式の申請ができます。

審査として、ライブ配信中に担当が来て公式ライバーとしてOKか判断するそうです。

審査が厳しく公式ライバーになれなかったという声も聞くので、上記のライバー事務所経由で公式ライバー申請をしたほうが確実かもしれませんね。

配信するなら是非公式ライバーを目指して頑張ってみてください!!




17 Live(イチナナ) - ライブ配信 アプリ

17 Live(イチナナ) – ライブ配信 アプリ
開発元:17 MEDIA (H.K.) LIMITED
無料
posted withアプリーチ