お勧めのライバー事務所はどこ?

どこの事務所に入ればいいの?そんな疑問にしっかり答えます!

ライバー事務所お勧めの記事はこちら!

お勧めのライバー事務所一覧

【17Live(イチナナ)】の決算・売上について解説!

こんにちは!

みなさんは17Live(イチナナ)をご存知でしょうか?

17Live(イチナナ)は台湾発のライブ配信サービスで、ライブ配信サービスとしては国内最大規模を誇ります。

今回は、そんな17Live(イチナナ)の『決算・売上』について解説します!

日本でナンバーワンのライブ配信サービスの売り上げはどれほどのものなのでしょうか?

ぜひ最後までご覧ください!

 

17LIVE(イチナナ)とは?

17Live(イチナナライブ)とは2017年8月末に日本でリリースされた台湾発ライブ配信アプリです!

下記の紹介動画でイメージできます!

5秒くらいなので是非見てください!楽しそうですよね!

世界的には2015年7月のリリース以降、世界で最も早く1,000万ダウンロードを超え、現在では全世界で4,500万人以上が利用しています。

世界で最も人気のある配信アプリの1つといえます。

ライバーは一般のユーザーはもちろん、アジア圏で活躍する俳優、歌手、タレント、モデルなど著名人など多種多様な人がいて、気軽に様々な人と交流できます。

日本でも渋谷などでの街頭広告、twitterや、テレビCMなど宣伝にも力を入れています。

17Live(イチナナライブ)は無料で遊べるアプリになります。

プレゼントを送付する場合には課金が必要になりますが、配信を見たり、コメントをする場合は無料なので、安心して下さいね!

17Live(イチナナライブ)を無課金で楽しんでいる方も沢山います。

有名人から素人の方まで、素敵なライバーさんが沢山います!

17LIVE(イチナナ)の決算・売上

国内最大規模のライブ配信サービスである17LIVE(イチナナ)の売上は、どれほどのものなのでしょうか?

17LIVE(イチナナ)の急速な国内シェアの拡大

日本でNo.1を誇るライブ配信アプリ【17Live(イチナナ)】は、株式会社17 Media Japanが運営しています。

株式会社17 Media Japanは2017年6月に設立され、2019年12月現在では従業員数170人を誇ります。

日本でサービスを開始した2017年8月末から、約1年で売上高が日本でNo.1を達成し、翌年には前年比で約300%の顕著な成長を果たしました。

国内のライブ配信市場シェアは63.9%(自社調べとのこと)を記録し、大幅なシェアを獲得するに至りました。

サービス開始から現在までの売上高推移と国内ライブ配信市場シェア↓

※引用元:https://www.17media.jp/pressrelease/4676/

17Live(イチナナ)の売上

17Live(イチナナ)を運営する株式会社17 Media Japanは、最新の売上高などは公開していませんでした。

SNS上では、以下のようにライブ配信の売り上げ予想を行っているのも見られました。

そもそも株式会社17 Media Japanは台湾のM17 Entertainment Limitedという親会社のグループ会社となっています。

M17 Entertainment Limitedのグループは、以下のような構成となっています。

台湾や日本以外でも、香港やシンガポール、マレーシアなどでサービスを展開していることが分かります。

このM17 Entertainment Limitedという会社は2015年の設立以来、急速に売上を拡大しています。

2016年から2017年にかけては、1年で約11倍もの売上増加を果たしています。

これほどまでに急拡大している企業はなかなかありませんね!

M17 Entertainment Limitedの地域別の売上は、以下の通りです。

2018年のデータにはなりますが、一番売上の大きい地域は台湾で、四半期当たりの売上が約$25M(約25億円)となっています。

台湾に次いで規模が大きいのは日本で、四半期当たり売上が$7.3M(約7.3億円)となっています。

日本でサービスを開始したのが2017年9月ですから、そこから間もなくして急成長していることがこの表からでも読み取れます。

これほどまで急成長できたワケ

台湾発のライブ配信サービスである17Live(イチナナ)がこれほどまで日本で成長できたのにはいくつか要因があります。

ここでは、それらを4つに分けてご紹介します。

徹底した「ライバーファースト」

17Live(イチナナ)を運営する株式会社17 Media Japanでは、ライバーさんの育成を目的とした、「ライバープロデューサーチーム」があります。

総勢100名以上の社員の方が、ライバーファーストの理念のもとで、直接契約によってライバーさんのサポートを行っています。

直接契約を締結する「プロライバー」の数は、17,000名を突破しているといわれています。

また、アプリ内のセキュリティ体制も万全で、24時間365日の間、AIなどを活用して徹底的に監視を行っています。

こうした管理体制のおかげで、ライバーさんが安心して17Live(イチナナ)を利用できる環境が整っています。

このようにサポート体制やセキュリティがしっかり備わっているのも、17Live(イチナナ)が日本No.1のライブ配信サービスである所以ですね!

ライバーのプロ意識を醸成

株式会社17 Media Japanと契約している「プロライバー」の累計配信時間は、2019年9月の累計で約200万時間といわれています。

これは一年前と比較して約4倍の大幅に成長であり、今後もますますの拡大が期待できます。

なかでも最も長く配信を行ったライバーは、累計で約3,800時間を記録しているそうです。

今後は5Gの普及などもあり、多くの通信量を要するライブ配信市場のさらなる普及が期待できます。

アプリ外施策の強化

株式会社17 Media Japanでは、ライバーさんがさまざまな領域で活躍するための橋渡しとなるべく、幅広い事業会社と提携しています。

名だたる有名企業など、タイアップ企業は100社以上といわれています!

企業のイメージモデルを決めるオーディションイベントなど、様々な企画・イベントを常時10本以上、開催しています。

ぜひイベントをチェックしてみましょう!

ユーザー視点でつくられたバラエティに富んだコンテンツ 

17Live(イチナナ)では、ユーザ―視点でつくられた幅広いコンテンツが人気です。

2019年には、バーチャルとリアルが融合したアバターによる配信チャンネル「V-Liver」カテゴリーや、ゲーム実況の「GAME Liver」カテゴリー、さらには誰でも無料で視聴できるオリジナルライブ配信コンテンツ「17 Live+(イチナナライブプラス)」など、新たなカテゴリーが新設されました。

このように、多くのユーザーに楽しんでもらうためのコンテンツを多面的に展開しています。

大手モバイル市場データの調査機関によると、1人あたりの平均視聴時間は58分といわれています。

多くのユーザーにエンターテインメントを提供していることが分かりますね!

17Live(イチナナ)の売上・決算まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、人気ライブ配信サービス【17Live(イチナナ)】の売上・決算について解説しました!

17Live(イチナナ)は2017年9月の日本でのサービス開始以来、急速に売上を拡大し、1年というスピードで日本No.1の売上を達成したことが分かりました。

ライブ配信市場は現在も成長市場であり、17Live(イチナナ)はその中でも代表的な地位を確立しているので、今後も規模の拡大が期待できます。

今後も17Live(イチナナ)に目が離せませんね!

ライブ配信ナビではライブ配信に関するさまざまな情報を紹介しています。

ライブ配信アプリの比較や使い方・トップライバーさんの情報・ライバー事務所の情報など、みなさんの気になる情報をゲットできちゃいます!

ぜひ他の記事もチェックしてみてください!

最後までご覧いただきありがとうございました!

ライバー事務所一覧

お勧めのライバー事務所一覧

ベガプロモーションさんの評判は?

ベガプロモーションさんの評判は

YouTubeチャンネル

YouTubeはじめました