お勧めのライバー事務所はどこ?

お勧めのライバー事務所はどこ??徹底解説した記事はこちら!

一番お勧めの事務所はベガプロモーションさん!

お勧めのライバー事務所一覧

BuzzVideoでバズるためにはどうすればいい?徹底解説します!

バズビデオでバズる方法について

みなさんこんにちは!

みなさんは「BuzzVideo(バズビデオ)」という言葉を耳にしたことがありますか?

BuzzVideoはおもしろ動画や衝撃映像など、AIがユーザーの好みに合わせて動画を探さなくても視聴できるという動画共有サービスです!

もちろん収益化も可能で、BuzzVideoではYouTubeと異なり単純な再生回数のみが評価されるので、どうがの再生回数が爆発的に伸びる=「バズる」ということが非常に大事なんです!

しかしなかなか自分の思うように動画が伸びなかったり、動画がバズらなくて落ち込むこともあると思います。

そこで今回はBuzzVideoで動画をバズらせるコツについて徹底解説していきます!

この記事を読めばBuzzVideoで動画をバズらせるためにすることが全てわかります!是非最後までご覧ください!

BuzzVideoって何?

BuzzVideoとは動画共有サービスで、ユーザーの好みに合わせて次々に動画がタイムラインに表示されるシステムになっています。内容はおもしろ動画や衝撃映像、ペット動画など多岐にわたっています。

大きな特徴は「検索しなくてもよい」ということです。アプリを開くとユーザーにターゲッティングされた動画が表示されるため、自分の好みの動画を探す必要がありません。暇な時にサクッと見れるのもBuzzVideoの特徴であると言えるでしょう。

主なユーザーは30代~40代の比較的経済的余裕があるミドル世代がメインで、BuzzVideoはミドル世代のTikTokとも言えるでしょう。

元々Buzzvideoは「TopBuzz」という記事と動画が見られるアプリでしたが、2016年に「TopBuzzVideo」という名前で動画共有サービスのみ独立し、名称が変更され、現在の「BuzzVideo」という動画共有アプリが誕生しました。また、記事を閲覧するアプリは現在も「Top Buzz」というアプリで残っているので興味がある方はぜひ検索してみてください。

 BuzzVideoの運営会社は?

BuzzVideo(バズビデオ)は動画共有サービスのTiktok(ティックトック)やティーン世代に人気のある自撮りカメラアプリUlike(ユーライク)など複数サービスを運営する中国のテクノロジー企業であるByteDance(バイトダンス)が運営しています。

ByteDanceは本社が中国の北京にあり、中国企業だと心配、という方もいるかもしれませんが、6万人の社員と世界に15の研究開発拠点を展開しているグローバル企業であり、ソフトバンクも出資を行なっているかなり大きな企業なので基本的には安心であると思われます。

運営会社について詳しくは別の記事(「BuzzVideo(バズビデオ)の運営会社は怪しい?徹底解説していきます!」)で解説しているのでそちらをご覧ください!

動画が「バズる」ってどういうこと?

バズる」とは英語の「buzz」という動詞からきており、意味は「(人などが)噂する、激しく動き回る」などがあります。もちろん現在紹介しているBuzzVideoの「buzz」もここから来ています。その「buzz」という動詞に動詞化の接尾辞「る」を接続し、日本語の動詞っぽくしたものが「バズる」としてTwitterを中心にネットスラングとして使われてきました。

語源には諸説ありますが、マーケティング業界で「バズ・マーケティング」という単語として使われていた「バズ」から派生した説が有力です。

「バズる」ことについての定義はありませんが、一般的にTwitterでは1~3日の間に1万リツイート以上を超えることが「バズった」基準になると言われています。

動画をバズらせるためにはどうすればいい?

BuzzVideoで動画をバズらせる(短期間で爆発的に視聴回数を増加させる)には、観たくなるような魅力的なサムネイル観続けたくなるような面白い動画の冒頭が重要になります。

YouTubeと違い、BuzzVideoでは動画の継続視聴時間が関係なく、純粋な視聴回数が判断基準になります。そのため最初に視聴者にサムネイルを見て動画をタップされるような魅力的なサムネイルが必要になります。

また、動画のサムネイルには動画を見たユーザーによる良い動画だったか、悪い動画だったかの評価も表示されてしまい、サムネイル動画は魅力的でもどうがの内容とは全く異なるといういわゆる「釣り動画」では悪い評価が多くなり、動画がバズることにはつながりません。動画1本分面白い動画を作ることは難しいかもしれませんが、冒頭だけでも面白いと思える内容にすることで良い評価を得ることに繋がります。

BuzzVideoで配信ができるって本当?

元々おもしろ動画や衝撃映像などが投稿されている動画共有アプリだったBuzzVideoですが、2021年5月からライブ配信機能を実装しました。

そもそもBuzzVideoの主なユーザーが可処分所得が多いミドル世代なので、「投げ銭」が活発になる可能性を秘めているというのもBuzzVideoがライブ配信サービスに乗り出した1つの要因だと考えられます。

現在は運営からスカウトされたライバー限定なのでまだライバー数は少ないですが、BuzzVideoには世界で1000万人以上のユーザーがいるためこれからかなり盛り上がることが期待できます。

また、現在は動画の検索タブの横にLIVE配信スケジュールが確認できるボタンがあり、これからBuzzVideoがライブ配信サービスに力を入れていこうとしている本気度が伝わってきます。

BuzzVideoでのライブ配信については別の記事(「BuzzVideo(バズビデオ)で配信ができるって本当?徹底解説します!」)で解説しているのでそちらも併せてご覧ください。

まとめ

今回は「BuzzVideoの動画がバズるためには」について徹底解説していきました。

「バズる」の語源であるバスは英語の「buzz」からきており、元々はマーケティング業界で使われてきた言葉がネットスラングとして使われたものでした!

BuzzVideoで動画をバズらせるためには観たくなるような魅力的なサムネイル観続けたくなるような面白い動画の冒頭が重要なのでこの二つを意識して動画を作成してみてください!

ぜひこの記事を参考にして、BuzzVideoで動画を投稿してみてくださいね!

また、この記事を読んで、「BuzzVideoでライブ配信を行いたい!」「ライバーデビューをしてみたい!」「今までは副業だったけど専業ライバーとしてやっていきたい!」「ライブ配信でもっと稼ぎたい!」と思っていただいた方もいると思います。

そのような方は是非ライバー事務所に所属する事をオススメします!

ライバー事務所と聞くとすでに売れているライバーやVLiverが所属し、既存のファンを中心に人気を集め、メディア出演をしたりするなど、バリバリ活躍するようなライバーでないと所属できないというイメージを抱く方も多いと思います。

しかし、そんな事務所に所属している売れっ子ライバーの方でも全くの知識0でライバー事務所に入り、その後事務所で経験を積みながらライブ配信を続け、トップライバーになった方も少なくありません。

なぜそのようなことが可能かというと、ライバー事務所に入ることで手厚いサポートや先輩ライバーのノウハウ等が学べるからです。

具体的には、ライブ配信に必要な機材の貸し出し、マネージャーによる助言、PR案件の充実などがあります。それらのメリットを享受することで事務所に所属していないフリーのライバーに差をつけることができるのです。

もちろんある程度ライブ配信を行い、独学でノウハウを身につけた後にライバー事務所に所属するのも良いと思いますが、それでは少し効率が悪いので、最初からライバー事務所に所属し、トップライバーになるためのノウハウを学びながらライブ配信を行うというのも一つの手だと思います。

もしライバー事務所に興味がある方は他の記事でライバー事務所の比較を紹介しているのでぜひそちらをご覧ください!

完全版!ライバー事務所おすすめ12社の評判ランキング!【21年版、事務所一覧】

ライバー事務所一覧

お勧めのライバー事務所一覧

ベガプロモーションさんの評判は?

ベガプロモーションさんの評判は

YouTubeチャンネル

YouTubeはじめました