お勧めのライバー事務所はどこ?

お勧めのライバー事務所はどこ??徹底解説した記事はこちら!

一番お勧めの事務所はベガプロモーションさん!

お勧めのライバー事務所一覧

BuzzVideo(バズビデオ)で配信ができるって本当?徹底解説します!

バズビデオで配信ができるようになったことを解説していきます。

みなさんこんにちは!

みなさんは「BuzzVideo(バズビデオ)」という言葉を耳にしたことがありますか?

有名な動画共有サービスなので名前は一度聞いたことがあるという方は多いかもしれません。Buzzvideoは主におもしろ動画や衝撃映像などが投稿されているサービスですが、今年の5月から配信が可能になりました。

他のライブ配信アプリからBuzzVideoに移行してくるライバーの方も最近増えてきており、これからどんどん盛り上がっていくことが予想されます!

今回はそんなBuzzVideoの配信について解説していきます!

この記事を読めばBuzzVideoの運営会社について全てわかります!是非最後までご覧ください!

BuzzVideoって何?

BuzzVideoとは動画共有サービスで、ユーザーの好みに合わせて次々に動画がタイムラインに表示されるシステムになっています。内容はおもしろ動画や衝撃映像、ペット動画など多岐にわたっています。

大きな特徴は「検索しなくてもよい」ということです。アプリを開くとユーザーにターゲッティングされた動画が表示されるため、自分の好みの動画を探す必要がありません。暇な時にサクッと見れるのもBuzzVideoの特徴であると言えるでしょう。

また、全世界で6億人のユーザーを擁し、1日に約6000万人のアクティブユーザーがおり、かなり巨大な動画共有サービスになります。主なユーザーは30代~40代の比較的経済的余裕があるミドル世代がメインで、BuzzVideoはミドル世代のTikTokとも言えるでしょう。

元々Buzzvideoは「TopBuzz」という記事と動画が見られるアプリでしたが、2016年に「TopBuzzVideo」という名前で動画共有サービスのみ独立し、名称が変更され、現在の「BuzzVideo」という動画共有アプリが誕生しました。また、記事を閲覧するアプリは現在も「Top Buzz」というアプリで残っているので興味がある方はぜひ検索してみてください。

BuzzVideoの運営会社はどこ?

BuzzVideo(バズビデオ)は動画共有サービスのTiktok(ティックトック)やティーン世代に人気のある自撮りカメラアプリUlike(ユーライク)など複数サービスを運営する中国のテクノロジー企業であるByteDance(バイトダンス)が運営しています。

ByteDanceは本社が中国の北京にあり、中国企業だと心配、という方もいるかもしれませんが、6万人の社員と世界に15の研究開発拠点を展開しているグローバル企業であり、ソフトバンクも出資を行なっているかなり大きな企業なので基本的には安心であると思われます。

また、2018年にはユニコーンリストと呼ばれる企業価格が10億ドル以上の非上場ベンチャー企業のランキングで世界1位になるなど、世界的メガベンチャーと言えるでしょう。

BuzzVideoで配信ができるって本当?

元々おもしろ動画や衝撃映像などが投稿されている動画共有アプリだったBuzzVideoですが、2021年5月からライブ配信機能を実装しました。

元々ライブ配信ではなく、動画共有サービスとして有名だったアプリが配信サービスを実装するのは珍しいことなので、不明な点も多いと思います。そこで、BuzzVideoでの配信では稼げるのか、メリットはあるのかなど解説していきます。

BuzzVideoでの配信は稼げる?

まだBuzzVideoに配信機能が実装されたばかりなので他の配信アプリに比べるとリスナーもライバー数もまだ少ないですが、BuzzVideoには世界で1000万人以上のユーザーがいるためこれからかなり盛り上がることが期待できます。

そもそもBuzzVideoの主なユーザーが可処分所得が多く、経済的に余裕のあるミドル世代(30〜40代)なので、ライブ配信での「投げ銭」が活発になりやすく、既に十分なユーザー数も存在するため、かなりの可能性を秘めていると言えるでしょう。

また、現在は動画の検索タブの横にLIVE配信スケジュールが確認できるボタンがあり、これからBuzzVideoがライブ配信サービスに力を入れていこうとしている本気度が伝わってきます。

ライバーになるためにはどうすればいい?

現在はBuzzVideoのライバーになるには運営に直接スカウトされるしか方法はなく、新規ライバーの募集はしておりません。

現在はすでに他のアプリで配信を行っているライバーやYouTubeに動画をあげている方などを中心にスカウトを行なっているようです。

しかし、これから盛り上がってくると新規ライバーも募集すると思われるのでBuzzVideoでの配信を考えている方は公式Twitterなどをチェックするようにしましょう!

BuzzVideoで配信をするメリットはある?

BuzzVideoで配信をするメリットはユーザー数の多さとユーザー層が投げ銭に期待できる点です。同じくByteDanceが運営しているTikTokでは「お金は無いが時間はある」という10~20代にターゲットを絞り、メジャーなアプリに成長していきました。

前にも説明したように、BuzzVideoは「10~20代ほど時間はないがお金はある」という30~40代のミドル世代をメインターゲットにしており、ミドル世代は他の世代に比べて可処分所得(自由に使えるお金)が多いため、アプリ内課金もアクティブであるという特徴もあります。課金による投げ銭が主な収益であるライブ配信はかなり期待できると言えるでしょう。

これからもっとライブ配信アプリとして成長していく可能性があるので、早いうちからBuzzVideoで配信をすることによって古参ライバーとしてのメリットが得られます。

まとめ

今回は「BuzzVideoでの配信」について徹底解説していきました。

BuzzVideoは他のライブ配信アプリとは異なり、既に圧倒的なユーザー数を獲得しており、主なユーザー層も比較的に経済的余裕のあるミドル世代なので、「投げ銭」もかなり期待できると思われます。

現在は運営からのスカウトのみですが、今後一般ライバーの募集が始まったらBiuzzVideoでの配信を検討してみてくださいね!

ぜひこの記事を参考にして、BuzzVideoでの配信にチャレンジしてみてください!

また、この記事を読んで、「BuzzVideoでの配信に興味がある!」「今までは副業だったけど専業ライバーとしてやっていきたい!」「ライブ配信でもっと稼ぎたい!」と思っていただいた方もいると思います。

そのような方は是非ライバー事務所に所属する事をオススメします!

ライバー事務所と聞くとすでに売れているライバーやVLiverが所属し、既存のファンを中心に人気を集め、メディア出演をしたりするなど、バリバリ活躍するようなライバーでないと所属できないというイメージを抱く方も多いと思います。

しかし、そんな事務所に所属している売れっ子ライバーの方でも全くの知識0でライバー事務所に入り、その後事務所で経験を積みながらライブ配信を続け、トップライバーになった方も少なくありません。

なぜそのようなことが可能かというと、ライバー事務所に入ることで手厚いサポートや先輩ライバーのノウハウ等が学べるからです。

具体的には、ライブ配信に必要な機材の貸し出し、マネージャーによる助言、PR案件の充実などがあります。それらのメリットを享受することで事務所に所属していないフリーのライバーに差をつけることができるのです。

もちろんある程度ライブ配信を行い、独学でノウハウを身につけた後にライバー事務所に所属するのも良いと思いますが、それでは少し効率が悪いので、最初からライバー事務所に所属し、トップライバーになるためのノウハウを学びながらライブ配信を行うというのも一つの手だと思います。

もしライバー事務所に興味がある方は他の記事でライバー事務所の比較を紹介しているのでぜひそちらをご覧ください!

完全版!ライバー事務所おすすめ12社の評判ランキング!【21年版、事務所一覧】

ライバー事務所一覧

お勧めのライバー事務所一覧

ベガプロモーションさんの評判は?

ベガプロモーションさんの評判は

YouTubeチャンネル

YouTubeはじめました