ゲーム配信にオススメのアプリを紹介!

突然ですが、みなさんはゲーム配信をしてみたいと思ったことはありませんか?

プロゲーマーやストリーマー、e-sportsなどの言葉の普及とともに、ゲーム配信は一般的なものとなってきました。

しかしながら、ゲーム配信は視聴している人がほとんどです。

自分のゲームの腕に自信がある人や、見ている人も楽しませながらゲームをする自信がある人は、ぜひゲーム配信を始めてみては?

今回は、これからゲーム配信をしようと思っている方に向けてゲーム配信が出来るアプリや配信の仕方についてご紹介していきます!

ぜひ参考にしてください☆
・ゲーム配信とは?
・ゲーム配信が出来るアプリは?
・配信方法は?

ゲーム配信とは?

ゲーム配信とは、プレイヤーがゲームをプレイしている映像を配信することをいいます。

またこのゲーム配信によりお金を稼ぐ人達を「配信者」「ストリーマー」のように呼びます。

このゲーム配信でお金を稼ぐ行為は「配信業」と呼ばれることが多いです。

ゲーム配信をするためにはゲーム配信が可能なアプリや配信サービスを利用する必要があります。

ゲーム配信にオススメのアプリ

ゲーム配信が可能なライブ配信サービスは以下のものがあります。

  • ミラティブ(Mirrative)
  • ニコニコ生放送
  • ツイキャス
  • Twitch(ツイッチ)
  • Youtube Live
  • OPENREC.tv(オープンレック)
  • Mixer
  • BIGO LIVE
  • ふわっち

それでは、1つずつ詳しくご紹介していきます!

ミラティブ(Mirrative)

ミラティブは、株式会社ミラティブによって運営されているスマホ用アプリです。

従来のゲーム配信では専用ソフトを利用したり、PCを介した配信が必用でしたが、このミラティブではスマホ1つでゲーム実況の配信・視聴が可能です。

そのため誰でも気軽にゲーム配信を始めることが出来ます。

ミラティブの公式によると、2018年12月8日時点で利用者のうち配信者が20%を超え、スマホゲーム配信者数が日本一を突破したそうです。

ミラティブの特徴をまとめると以下の通りです。

ミラティブの特徴

・スマホ1つで配信可能
・エモモと呼ばれるVtuberのような3Dアバターを作成できる
・PCゲーム配信よりもスマホゲーム配信に向いている
・専用ソフトや機材いらずですぐに配信可能

ミラティブでは

  • 荒野行動
  • PUBG
  • モンスターストライク
  • Identity V 第五人格
  • シャドウバース

などのゲーム配信が盛んにおこなわれています!

ニコニコ生放送

ニコニコ生放送は株式会社ドワンゴによって運営されているライブ配信サービスです。

「ニコ生」の愛称で知られていて、みなさんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

ニコニコ生放送は、スマホ・PCの両方での配信が可能です。

ただしゲーム配信を行う際には専用のソフトを使用する必要があるので、注意してください⚠

ニコニコ生放送の特徴をまとめると、以下の通りです。

ニコニコ生放送の特徴

・ヘビーユーザーが多い
・コメントが画面上に流れるため盛り上がりやすい
・投げ銭はあまり期待できない

ツイキャス

ツイキャスはモイ株式会社によって運営されているライブ配信サービスです。

2009年に設立されましたが、その手軽さから爆発的なブームを起こしました。

ツイキャスでは画質や滑らかさなど見やすい配信にこだわらず、手軽さを売りにしているためゲーム配信には他のアプリほど向いていないかもしれません。

ツイキャスの特徴をまとめると以下の通りです。

ツイキャスの特徴

・手軽に配信可能だがゲーム配信には機材の購入が必用
・Twitterと連携させることで集客が見込める
・投げ銭はクラウドファンディングの形式をとる必要がある

Twitch(ツイッチ)

TwitchはAmazonによって運営されているゲーム配信に特化したライブ配信サービスです。

画質やフレームレートの設定など、ゲーム配信におけるこだわりの強い配信者でも細部にわたり設定可能です。

また配信の保存や収益化なども可能です。

視聴者としてもきれいな画面で楽しくゲーム実況を楽しむことが出来るなんて、嬉しいですよね!

さらに、他のライブ配信サービスに比べて換金率が高く、稼げるライブ配信として配信者にも注目されています。

Twitchの特徴をまとめると以下の通りです。

Twitchの特徴

・世界最大のゲーム配信に特化したライブ配信サービス
・画質や音質が他のライブ配信よりも優れている
・サブスクライブやビッツなどによる投げ銭が多い
・日本人が少ないので外国人もターゲットに入れないと稼げない

Youtube Live

Youtube Liveは動画配信サービスのYoutubeを利用したライブ配信サービスです。

Youtubeを利用しているだけあって、やはり他のライブ配信サービスに比べて数多くの人の目に留まることが可能です!

また生放送だけでなく動画をそのまま投稿し収益化することも可能なので、

ライブ配信によくある投げ銭や寄付に頼らずとも比較的手軽に稼ぐことが出来ます。

Youtube Liveの特徴

・世界で最も名実ともに最大の動画・ライブ配信サービス
・視聴者が多い分ゲーム以外の配信も多い
・還元率はかなり高い

 

しかし、Youtubeで配信および収益化をするには条件があります。

・ライブ配信を行う条件
チャンネル登録者:1,000人・収益化の条件
チャンネル総再生時間:4,000時間

これらの条件をクリアするまでは、ゲーム動画をアップするなどして自分のチャンネルを育てていきましょう!

Youtubeでのライブ配信は一見大変そうに見えますが、固定のファンができてからのライブ配信になるので、最初から稼げてしまうことも珍しくないそうですよ!

OPENREC.tv(オープンレック)

OPENREC.tvは日本初のゲーム配信に特化したライブ配信サービスです。

日本ならではのシステムも数多く搭載されており、一部の層からは絶大な人気を誇っています。

またOPENRECと専属契約を結ぶゲーム実況者も数多く存在しています。

OPENREC.tvの特徴をまとめると以下の通りです。

OPENRECの特徴

・日本人向けに開発されているので日本人には使いやすい
・ユーザーには日本人や日本語の話せる外国人がほとんど
・配信するためには権限が必用
・誰でも簡単に配信できるわけではない

Mixer(ミキサー)

Mixerはマイクロソフト株式会社によって運営されているゲーム配信用ライブ配信サービスです。

人気プロゲーマーのNinjyaさんやShroudさんがTwitchからMixerへ移籍したことで一躍有名となりました。

Mixerも他のライブ配信サービスと同じくゲーム配信をするには専用ソフトが必要となります。

しかしながら他のライブ配信サービスに比べ超低遅延でラグがないうえに、高画質での配信・視聴が可能です。

Mixerの特徴をまとめると以下の通りです。

Mixerの特徴

・できたばかりなので下火
・業界最高画質・最低遅延の配信が出来る
・これから波がくる可能性アリ

BIGO LIVE

BIGO LIVEはユーザー数が世界一だと言われていて、その数なんと「2億人以上」です!

ゲーム配信でネックなことといえば人が来ないことですが、BIGO LIVEでは全世界に視聴者がいるため常ににぎわっています。

さらにBIGO LIVEでは比較的投げ銭がもらえる割合も高いので、ゲーム配信を行う方には参入しやすいとも言えます。

BIGO LIVEの直腸をまとめると以下の通りです。

BIGO LIVEの特徴

・ユーザー数2億人以上
・海外ユーザーが多く、投げ銭に抵抗がない
・最初から稼げるチャンスあり

ふわっち

ふわっちは2015年に誕生した、パソコンやスマホから無料で配信や視聴が行えるサービスです。

ふわっちは換金率が高く、投げ銭の35~50%が配信者の収益になります。

また投げ銭以外にもランキングでポイントを稼ぐこともでき、稼ぎやすい仕組みが整っているということが出来ます。

ふわっちの特徴をまとめると以下の通りです。

ふわっちの特徴

・換金率が高く、稼ぎやすい仕組みが整っている
・過去の配信に視聴期限がなく、いつでも無料で見れる
・高画質でライブ配信が楽しめる
・スマホのゲーム画面をライブ配信できる

ゲーム配信は稼げる?

続いて、ゲーム配信の収益化についてご紹介していきます。

ゲーム配信で稼ぐ仕組みや、収益についてなどをご紹介していくのでぜひ参考にしてください!

ゲーム配信で稼ぐ仕組みとは?

ゲーム配信者が実況動画や配信を通じてお金を稼ぐ方法は、大きく分けて以下の5つがあります。

  1. 広告収入
  2. 寄付
  3. 投げ銭
  4. 企業案件
  5. グッズ販売

それでは、1つずつ詳しくご紹介していきます!

広告収入

最も有名なのが広告収入です。

これはライブ配信だけでなく通常の動画配信などにも共通しているので、みなさんも一度は聞いたことがあるかもしれませんね!

広告主が配信者の動画や配信などに広告を掲載し、配信者は広告掲載料を受け取ります。

寄付

サービスによっては寄付ではなく、ドネートなどと呼ばれることもあります。

寄付は本来の意味と同じで、視聴者が配信者に直接送金する方法です。

この方法は配信者が寄付を可能な設定にしていたり、送金先を設定していた場合のみ可能です。

しかし一部のサービスではこのような直接的な送金は禁止されているので注意しましょう!

投げ銭

寄付とよく似た収益化方法に投げ銭があります。

ライブ配信サービスにおける投げ銭と寄付の違いは、「ライブ配信サービスの運営を通じた送金かどうか」です。

寄付は配信者に直接送金しますが、投げ銭ではライブ配信サービスに搭載された既存の投げ銭機能を利用します。

そのためライブ配信サービスの運営を一旦通す必要があり、その分の手数料が徴収されます。

そのためお金を直接配信者に渡して応援することができません。

企業案件

これはライブ配信というよりも、通常の動画配信で多く行われる収益化方法です。

企業からゲームなどの商品紹介の依頼を受け、配信者はその商品を宣伝するような動画を作り、企業から依頼料を受け取ります。

グッズ販売

他の収益化方法はゲームを利用したものですが、この収益化方法は配信者自身の知名度や人気を利用したものです。

有名な配信者になるとどんなゲームをプレイするかよりも、その配信者自体のファンが増えていきます。

そのためゲームだけで収益化するのではなく、自分のグッズを販売するなどしてお金を稼ぐことも可能です。

ゲーム配信のやり方

続いて、ゲーム配信のやり方についてご紹介します。

配信方法は利用するサービスによって大きく2つに分けられます。

  • 配信サービスから直接配信可能な場合
  • 専用ソフトを利用して配信する必要がある場合

それぞれの状況に応じて、配信方法をわかりやすくご紹介していきます!

配信サービスから直接配信できる場合

ミラティブやBIGO LIVEのように配信サービスから直接配信が出来る場合は、特に配信機材は必要ありません。

配信手順についてもアプリやそのサービスに従えば行うことが出来るので、難しい操作も必要ありません!

各サービスのヘルプなどを参照しましょう。

専用ソフトを必要とする場合

専用ソフトを必要とする場合、主に以下のソフトを利用している方が多いです。

・OBS
・RECentral
・アマレコTV
・NvidiaShadowPlay

専用ソフト以外にも必要は機材は以下の通りです。

・イヤホンもしくはヘッドホン
・マイク(ヘッドセットの場合は必要なし)
・キャプチャカード

キャプチャカードとは、ゲームなどの外部機器をPC画面に出力する際に必要な機材です。

PCゲームを配信する場合には必要ありません。

それでは、ここでは最もメジャーなOBSを使用した配信のやり方についてご紹介します。

手順は以下の通りです。

  1. 必用機材を購入
  2. 各機材をPCに接続して動作確認を行う
  3. OBSをインストール
  4. OBSの設定を行う
  5. 配信サービスとOBSの同期を完了させる
  6. 配信が正しく行えるかテスト配信を行う
  7. 配信が正しくできていることが確認出来たら本配信を行う

 

専用ソフトごとに設定方法は異なるため、各配信ソフトの公式サイトを参考にしてください。

ゲーム配信が出来るアプリ 解説まとめ

みなさんいかがだったでしょうか?

今回はゲーム配信が出来るアプリや配信方法についてご紹介しました。

近年ゲーム配信は一般的なものになってきたものの、まだ大多数が視聴者のようですね。

ゲーム配信は今から始めても遅くありません!

ぜひこの記事を参考にしてゲーム配信を始めてみてくださいね!

ライブ配信がアツい!

ゲーム配信を始め、最近のトレンドに目がない方必見!

今若者たちの間ではライブ配信がアツいんです!

スマホ1つあればすぐに配信が始められるので、初心者さんでも気軽に配信者になることができますよ。

そしてやはり、配信を始めるならライバー事務所に入ることをオススメします!

配信のノウハウを教えてくれるほか、様々なメリットがありますよ✨

こちらの記事ではオススメのライバー事務所をランキング形式でご紹介しています。

ぜひこちらもご覧ください!

失敗しない!ライバー事務所評判ランキングTOP10【おすすめ10社を厳選比較】

最後までご覧いただきありがとうございました☆

ライバー事務所一覧

お勧めのライバー事務所一覧

ベガプロモーションさんの評判は?

ベガプロモーションさんの評判は

YouTubeチャンネル

YouTubeはじめました