Mirrativ(ミラティブ)の配信でやってはいけないことはたくさんある

a皆さんはMirrativ(ミラティブ)で配信していて、または配信を視聴していて迷惑行為をやっているところを見かけたことや、受けたことはありますか?
Mirrativ(ミラティブ)ではそういった迷惑行為をさせないために、ルールがあります。
今回はMirrativ(ミラティブ)でやってはいけない行為について紹介します。

個人情報の開示

Mirrativ(ミラティブ)上であなたの個人情報を公開したり、視聴者の個人情報を開示させる行為・収集する行為は利用規約違反になります。
個人情報を開示させたり、収集する行為はもちろん違反ですが個人情報を開示する行為も違反の対象となってしまいます。
おそらくMirrativ(ミラティブ)の仕組み上、個人が特定できると、配信内容ではなく知名度でランキングなどで上位になる可能性があり、健全な運営ができなくなってしまう恐れがあります。

配信で使用した楽曲を事後報告しないこと

配信で使用したあなた以外の人物が、著作権などの権利を持つ楽曲は専用のフォームから、配信後に事後報告が必要になります。
ホーム画面右下の「プロフィールアイコン」→「歯車」アイコン→
「各種設定」→「使用した楽曲を報告する」で必ず報告しましょう。

他の配信サービスの規約に抵触すること

Mirrativ(ミラティブ)ではサービスの性質上、配信できないサービスやアプリは決められていません。
しかし、他のサービスやアプリの規約で、配信を禁止している場合があるので注意が必要です。

ルールを守って楽しく利用しよう

Mirrativ(ミラティブ)では他の人の権利を侵害することに、特に厳しい規約があります。
定められている規約を、しっかりと守って配信を楽しみましょう。

ライバー事務所一覧

ベガプロモーションさんの評判は?

youtube