【初心者向け】配信用ミキサーとは?

配信用ミキサーとは?

配信用ミキサーとは、PCやスマートフォンなどに接続し、Live配信可能なミキサーのことです。

配信用ミキサーはミキサーとオーディオインターフェース(オーディオをPCやスマートフォンなどに入出力する)機能を備えているため、配信用オーディオインターフェースと呼ばれることもあります。

演奏配信・歌配信などのLive配信を高音質で実現するためには、配信用ミキサーを使用する必要があります。

配信用ミキサーの選び方のポイント

17Liveで配信用ミキサーを使用する場合は必ずスマートフォン(iPhone・iPad)に対応している機種を選ぶことが必須です。

※androidスマホでも接続可能な場合はありますが、バージョンや相性などの問題があるため基本的にiPhone・iPadを推奨です。

iPhone・iPadはLightning – USBカメラアダプタを使用して配信用ミキサーに接続するものが多いです。

①スマートフォンに接続できるか(17Liveで配信の場合は必須)

②エコーなどのエフェクターがかけられるかどうか

③マイクがファンタム電源に対応しているか(非対応の場合は電源供給必須なコンデンサーマイクが使用できない)

などがポイントとなります。

オススメの配信用ミキサー

17Live(iPhone・iPad)に対応している配信用ミキサーを選んでみましたので是非参考にしてください。

①YAMAHA AG03

配信用ミキサーとして評価が高く、1番選ばれている配信用ミキサーです。

エフェクト機能などを備えていて、機能面の充実さから、DTM(音楽制作)用途にも十分対応できます。

ただ配信初心者には機能の高さゆえはじめのうちは取っ付きにくいのが難点ですね。

②Roland GO:MIXER

配信用ミキサーでも接続が簡単なので特に初心者にオススメしたい機種です。

iPhone用およびandroid用のケーブルの2本が初めから付属しているためスマートフォンへの接続が容易です。

またスマートフォンからの電源供給に対応しているためミキサーを別に電源をつなぐ必要もありません。

ファンタム電源に非対応のためマイクがダイナミックマイクしか使用できないこと、エコーなどのエフェクターに対応していないため機能面は劣ります。

ちなみにファンタム電源は上位機種であるRoland GO:MIXER Proでは対応しています。

③TASCAM MiNiSTUDIO PERSONAL US-32W

機能高さと安さが魅力的な配信用ミキサーです。

ファンタム電源・ボイスエフェクトにも対応していて、1万円(2019年4月現在)を切る価格帯で買える機材は他になさそうです。

他と比べてまだ使用している人が少ないため情報はまだ少ないですが、今後愛用していくライバーさんも増えていきそうですね。

いかがだったでしょうか。是非配信用ミキサーを導入し、より良い配信ができるよう頑張ってくださいね。

お勧めのライバー事務所は?

公式ライバーになりたい方へ