お勧めのライバー事務所はどこ?

どこの事務所に入ればいいの?そんな疑問にしっかり答えます!

ライバー事務所お勧めの記事はこちら!

お勧めのライバー事務所一覧

【TikTok】ティックトックの凍結・アカウントBANについて徹底解説!

TikTokで動画を投稿したら、アカウントが凍結したとお困りの方もいるのではないでしょうか?

特に理由が思い当たらないのに、アカウントでBANされたり、アカウント削除されたりすると戸惑ってしまうでしょう。

TikTokのアカウントがBANされるのには、一定の条件があるようです。

そこで、今回はTikTokのBAN、アカウント凍結について詳しく解説します!

TikTokのBAN・アカウント凍結について

・TikTokは実際にBANされることがある
・アカウントBANされる条件は?

TikTokは実際にBANされることがある

「TikTokに動画を投稿したはずなのに削除されている」

「アカウント削除がされている」などの経験があれば、BANを疑っているという人もいるでしょう。

実際のところ、TikTokでは一定の利用規約違反が見つかった場合には、BANやアカウント凍結が行われる場合があります!

Twitter上やTikTokで口コミを見ていても、TikTokでアカウントBANされたといっている人は多く見つけることができます。

アカウントBANされる条件は?

TikTokの動画が削除されたり、アカウントが凍結される理由は、基本的に利用規約違反です。

TikTokに登録する際に利用規約をしっかり読んでいないという人も多いですが、TikTokでは利用規約にて違反行為が細かく記載されています。

例えば、動画の投稿に関しては以下のような内容のものは利用規約違反となります。

・暴力の宣伝や性的な表現
・他ユーザーへの嫌がらせ
・人種・宗教・性別・国籍などによる差別
・第三者へのプライバシー侵害
・虚偽やスパムコンテンツの投稿
・短期間にアカウントの大量作成

スパムとは、例えば短期間に大量のアカウントをフォローし、すぐにフォロー解除をするというものです。

この行為は、運営側からスパム行為とみなされ、アカウント凍結につながる恐れがあります。

ここで挙げた利用規約違反行為はほんの一部ですが、実際には細かく違反行為が指定されています。

アカウントがBANされたり凍結されている場合には、まずは利用規約にて違反行為があったのかどうかを確認してみましょう。

また、TikTokは運営側のパトロールにより利用規約違反行為が発覚し、BANやアカウント削除が行われる場合もありますが、

第三者からの通報によりBANやアカウント削除が行われる場合もあります。

よって、自分のフォロワーからの通報によりアカウントがBANされてしまう可能性も十分にあるのです

TikTokのBAN・アカウント凍結が行われると?

・BANされるとどうなる?
・BANにはどう対応する?
・アカウントは復活できるのか?

BANされるとどうなる?

では、TikTokがアカウントがBANされると、どうなってしまうのでしょうか?

TikTokでは、状況に応じてにはなりますが、BANやアカウント凍結が行われると運営側から利用制限が行われたという旨の通知がくることが多くなっています。

しかし全ての人に利用制限の通知が届くという訳ではなく、通知がきていないのにBANやアカウント凍結をされてしまうという場合もあるようです。

利用制限の通知が運営側から来ていない場合でも、TikTok上で以下のようなことがあればBANやアカウント凍結の可能性があります。

  • フォローやフォロワーが消えてゼロになっている
  • 自分がフォローしていた人の動画を見られない
  • 動画の投稿ができない
  • 自分の投稿した動画が他のユーザーから見られない

BANにはどう対応する?

それでは、BANされたらどう対応すればいいのでしょうか?

まず、アカウントがBANされた場合は、利用停止状態になるため、新しいアカウントを作成するように促されます。

しかし、よほどひどい動画をアップロードしていない限り、復活する可能性はあります。

その方法は、規制の対象となっている動画を削除することです。

アカウントBANされた際に以下のようなシステム通知が来ていれば、どの動画を削除すればよいかわかりやすいでしょう!

通知内容

この通知は、投稿した動画の内容がコピーされたコンテンツとみなされ規制の対象になったものです。

また、その他にも、著作権侵害、差別、迷惑行為、不快感を与える、出会い目的など、思い当たるものを削除するようにしましょう。

もし、システム的な規制が行われているだけであれば、規制の対象となった動画を削除してしばらく待つと、以前のように使えるようになる可能性があります。

それでも規制が解除されないようであれば、TikTokの運営に問い合わせてみましょう。

アカウントは復活できるのか?

結論から言いますと、利用規約違反の状況によって、BANされたアカウントを復活できるかどうかは異なります。
しかし、TikTokでBANされた場合でも、別のアカウントを作って復活するという方法であれば、誰でもアカウント復活できるということになります。
もし、重大な利用規約違反をしてしまった場合には、登録したSNSアカウントや電話番号、メールアドレスで認識されてしまう可能性もありますが、
BANされたアカウントとは別の情報でアカウント登録はできるという事例もあります。
だたし、アカウント凍結されたものとは別のアカウントになってしまうので、凍結したアカウント上のフォロワーやいいね、コメントなどを復活させることはできません。
よって、再び同じフォロワーを集めたいという場合には、TwitterやInstagram、LINEなどTikTok以外のSNSを利用して
TikTokのアカウントが復活したことを知らせていくことが重要です。

TikTokで規約違反を見つけた場合

規約違反を見つけたらどうする?

ここまで、自分のアカウントがBANされないために気を付けることについて説明してきました。

では、他のユーザーが利用規約に違反している動画を投稿していたらどうすればよいのでしょうか?

この場合は、以下の2通りの方法で通報をします。

 

・動画単体を報告する方法
・違反ユーザーのアカウントを報告する方法

 

「違反している動画単体を報告する方法」
TikTokで利用規約違反をしている動画自体を報告する方法をご紹介します!
1.違反している動画を開く
2.画面右側の「→」アイコンをタップする
3.画面右下に出てくるメニューを右にスクロールし「報告」をタップする
4.「報告」のページに飛んだら理由を選択する
・自傷行為
・嫌がらせ、いじめ
・低俗・エロ
・暴行、傷害
・迷惑メッセージ
・著作権侵害
・差別発言
・テロリズム
・薬物、武器の密売 その他
報告の説明を200文字以内で詳しく記入することができるので、ここで具体的な内容を報告しましょう。
5.画面右上の「提出」をタップ
以上で、動画単体の報告は完了です!
「違反しているユーザーのアカウントを報告する方法
続いて、違反しているユーザーのアカウント自体を報告する方法をご紹介します!

1.報告したいユーザーのプロフィール画面を開く

2.画面右上の「・・・」をタップ

3.画面下側に出てくる「報告」をタップ

4.「報告」のページに変わったら、以下から理由を選択する

 

・なりすまし
・不適切なコンテンツを投稿している
・アカウント情報が不正です
・その他

 

ここから、それぞれ選択した項目について、詳細を選択します。
なりすましの場合、自分、知り合い、有名人、他人から選択!
不適切なコンテンツの場合、上記の動画報告で紹介したような自傷行為、嫌がらせ、いじめ、ポルノなどから選択!
アカウント情報不正の場合、プロフィール写真、ニックネーム、TikTok ID、ステータスを選択します!

ここでも、報告の詳細を200文字以内で記入することもできます!

5.記入が終わったら「提出」をタップ

以上で、報告は完了です。

TikTokのBAN・アカウント凍結まとめ

いかがだったでしょうか?

TikTokのBAN、アカウント凍結について解説しました!

アカウントをBANされたら、多くの場合新しくアカウントを作り直さないといけなくなるので、

TikTokを始める前にガイドラインをしっかりと読み、

TikTokを正しく、楽しく使いましょう!!!

ライバー事務所一覧

お勧めのライバー事務所一覧

ベガプロモーションさんの評判は?

ベガプロモーションさんの評判は

YouTubeチャンネル

YouTubeはじめました