お勧めのライバー事務所はどこ?

どこの事務所に入ればいいの?そんな疑問にしっかり答えます!

ライバー事務所お勧めの記事はこちら!

お勧めのライバー事務所一覧

【TikTok】ティックトックのBAN・アカウント削除を解説!

TikTokで動画を投稿したらBANされた、とお困りの方もいるのではないでしょうか?

特に理由が思い当たらないのに、アカウント削除が行われたら戸惑ってしまう人もいるでしょう。

TikTokでBAN・アカウント削除が行われるのには、一定の条件があるようです。

そこで、今回は、TikTokのBAN・アカウント削除について解説していきます!!

ぜひ最後までご覧ください☆

TikTokのBAN・アカウント削除について

 

TikTokのBAN・アカウント削除って何?
BAN・アカウント削除される条件は?

 

 

TikTokのBAN・アカウント削除って何?

「TikTokに動画を投稿したのに削除された」

「アカウント削除がされている」

こんな経験があれば、BANを疑っている人もいるのではないでしょうか?

実際に、TikTokでは、一定の利用規約違反が見つかった場合、

BANやアカウント削除が行われることがあります。

口コミやTwitterを見ていても、「TikTokでアカウントをBANされた」という方は多く見つけることができるでしょう。

そこで、TikTokの利用規約について、しっかり把握しておくことが大切です☆

BAN・アカウント削除される条件は?

TikTokで動画のBANやアカウント削除が行われる理由は、基本的に利用規約の違反です。

TikTokに登録する際に、利用規約をしっかり読んでいないという人も多いとは思いますが、

TikTokでは、利用規約にて違反行為が細かく記載されています!!!

以下の5つは、動画の投稿に関する利用規約違反の例です。

  • 暴力の宣伝や性的な表現
  • 他のユーザーへの嫌がらせや怖がらせ
  • 人種・宗教・性別・国籍などによる差別
  • 第三者へのプライバシーの侵害
  • 虚偽やスパムコンテンツの投稿

 

「暴力の宣伝や性的な表現」

身体的暴力の脅しを含め、あらゆる形態の脅しを含む内容は違反の対象になります。

性的に露骨な表現も避けましょう。

「他のユーザーへの嫌がらせや怖がらせ」

ここでは、わざと人を挑発したり反感を買うように作成された内容、ネットを炎上させる「荒らし」、

いじめ、または、人に嫌がらせをする、怖がらせる、害する、傷つける、苦しめる、当惑させるもしくは立腹させることを意図した内容が含まれます!!

「人種・宗教・性別・国籍などによる差別」

人種差別主義的な内容の投稿は、利用規約違反の対象となります。

国籍、宗教、年齢、性別だけでなく、身体障碍者やLGBTQに対する差別発言はしないようにしましょう。

「第三者へのプライバシーの侵害

第三者の個人情報には、住所、電話番号、電子メールアドレス、身分証明書上の番号や特徴に関する記載(例:健康保険番号やパスポート番号)、クレジットカード番号等)が含まれます。

他者の著作権や商標およびその他の知的財産権や、

プライバシー上の権利を侵害するまたは侵害するおそれのある内容の発信には気を付けましょう。

「虚偽やスパムコンテンツの投稿」

未承諾または無許可の広告、勧誘活動、宣伝素材のほかに、

「ジャンクメール」、「スパム」、「チェーンメール」、「マルチ商法」、または、その他禁止されている形態の勧誘はしないようにしましょう。

 

これらの項目以外にも、適切な免許・資格がないのにもかかわらず、回答・返答・コメント・意見・分析または推奨することや、

TikTok単独の判断で、好ましくない内容・他者のTikTokの利用を妨げる内容や、

ユーザーに危害を加えたり、何らかの責任を負わせる可能性のある内容の投稿は、規制されるので注意しましょう!

 

ここで挙げた利用規約違反行為は、ほんの一部ですが、実際には細かく違反行為が指定されています。

自分のアカウントがBANされたり、削除されている場合には、まずは利用規約にて自分に違反行為があったのかどうかを確認してみましょう!

!詳しい利用規約については、以下の公式サイトを参考にしてください☆

「TikTokサービス規約」https://www.tiktok.com/legal/terms-of-use?lang=ja

TikTokでBAN・アカウント削除されたら

 

BAN・アカウント削除されるとどうなる?

 

BAN・アカウント削除されるとどうなる??

実際にTikTokのBANやアカウント削除が行われた場合には、具体的にどのようなことが起きるのでしょうか?

TikTokでは、状況に応じてBANやアカウント削除が行われると行われると、

運営側から利用制限が行われた旨の通知がくることがほとんどです。

しかし、すべての人に利用制限の通知がくるという訳でもないようで、知らないうちにBAN・アカウント削除をされてしまうという場合もあるようです。

この場合は、以下の条件が1つでも当てはまっていれば、BANやアカウント削除の可能性があるので確認してみましょう。

  • フォローやフォロワーが消えてゼロになっている
  • 自分がフォローしていた人の動画を見られない
  • 動画の投稿ができない
  • 自分の投稿した動画が他のユーザーから見られない

このいづれかに当てはまる場合は、アカウント削除の可能性があります。

TikTokのアカウント復活について

TikTokのアカウント復活はできる?

もしTikTokでBANやアカウント削除が行われ場合、再び同じTikTokアカウントを利用することはできるのでしょうか??

実際に口コミなどを見ていると、「TikTokアカウントを復活させた」というTweetも見られます!

しかし、TikTokで一度BAN・アカウント削除がされたアカウントが復活できるかどうかは、BANになった状況にもよるようです。

例えば、利用規約違反の中でも、運営側によって「軽度の利用規約違反である」と判断された場合には、アカウント削除などの条件付きでアカウントを復活してもらえる可能性もあります。

しかし、利用規約違反を何度も繰り返したり、一度の利用規約違反でも重大な違反と運営側に判断されれば、アカウントの復活は難しくなるでしょう。

アカウントを作り直すには?

利用規約違反の状況によって、BANされたアカウントを復活できるかどうかは異なります。

しかし、TikTokでBANされたりアカウント削除された場合でも、別のアカウントを作って復活するという方法れば、誰でも行うことが可能です。

重大な利用規約違反を犯してしまった場合には、登録した電話番号・メールアドレス・SNSアカウントなどで認識されてしまいます。

そのため、BANされたアカウントとは別の方法で再登録を行えば、新たにアカウントを作ることができます。

ただし、アカウント削除されたものとは全く別のアカウントになってしまうので、

これまでの投稿動画やいいね、フォロー・フォロワーなどを復活させることはできません。

再び同じフォロワーを集めたいという場合には、InstagramやTwitter、LINEなど他のSNSを利用しながらTikTokのアカウントが復活したことを告知していく必要があります。

TikTokで利用規約違反を見つけた場合

 

利用規約違反を見つけたらどうする?

 

利用規約違反を見つけたらどうする?

ここまで、自分のアカウントがBANされないために気を付けることについて説明してきました。

では、他のユーザーが利用規約に違反している動画を投稿していたらどうすればよいのでしょうか?

この場合は、以下の2通りの方法で通報をします。

 

動画単体を報告する方法
・違反ユーザーのアカウントを報告する方法

 

「動画単体を報告する方法」
TikTokで利用規約違反をしている動画自体を報告する方法です。
1.違反している動画を開く
2.画面右側の「→」アイコンをタップ
3.画面右下に出てくるメニューを右にスクロール「報告」をタップ
4.「報告」のページに飛んだら理由を選択する
「違反ユーザーのアカウントを報告する方法」
続いて、違反しているユーザーのアカウント自体を報告する方法をご紹介します!
1.報告したいユーザーのプロフィール画面を開く
2.画面右上の「・・・」をタップ
3.画面下側に出てくる「報告」をタップ
4.「報告」のページに変わったら、以下から理由を選択する

TikTok BAN・アカウント削除まとめ

いかがだったでしょうか?

TikTokのBAN、アカウント凍結について解説しました!

アカウントを削除された場合は、多くの場合新しくアカウントを作り直さないといけなくなります。

よって、しっかりと利用規約をしっかりと確認しましょう!!

最後までご覧いただきありがとうございます☆

ライバー事務所一覧

お勧めのライバー事務所一覧

ベガプロモーションさんの評判は?

ベガプロモーションさんの評判は

YouTubeチャンネル

YouTubeはじめました