【TikTok】で使われている曲は著作権違反にならないの?

こんにちは!

【TikTok】に投稿されている動画にはたくさんの楽曲が使用されていますよね?

あれはユーザーが用意しているのではなく、【TikTok】に収録されている曲の中から、

好みの曲を選んでしようしています。

しかし、日本では自分が作っていない曲を動画などでしようするには許諾が必要ですよね?

今回は【TikTok】で使われている曲は著作権違反にならないのかということについて解説します。

【TikTok】はJASRACと契約している

日本の音楽に関する著作権を管理しているのはJASRACという機関です。

こういった著作権関連の話でよく出てくる名前ですね。

【TikTok】はこのJASRACコンテンツに関するパートナーシップを締結しています。

そのため、他のライブ配信サービスと違って、ユーザーが個別に、

JASRACへ利用許諾手続きを行なわなくても、

JASRAC管理楽曲を利用した動画をアップロードすることが可能です。

CD音源をそのまま利用はできない

JASRACとパートナーシップを締結しているとはいえ、

CD音源をそのまま利用することはできません。

これはCDに関しては著作権以外にも、原盤権という権利が発生していて、

CD音源を動画でしようすることは原盤権を侵害することにあたるためですね。

あくまで【TikTok】に収録されている楽曲を、手順通りにしようするのが、

楽曲利用の条件になります。

【TikTok】に収録されている楽曲は多い

【TikTok】には邦楽・洋楽などジャンルを問わずたくさんの楽曲が収録されています。

実際に自分で演奏してカバーした曲はしようできるので、そういった工夫をして、

積極的に動画を投稿していきましょう!

ライバー事務所一覧

ベガプロモーションさんの評判は?

youtube