【TikTok】TikTok動画の保存が出来ない原因・対処法とは?

みなさんはTikTokアプリにおいて、動画保存機能を利用したことはありますでしょうか?

今や、動画に限らず音楽などでもダウンロード保存できるというのは当たり前の時代となっています。

自分のお気に入りの動画を保存することはできるというのは、すごく便利ですよね!

しかし、このTikTok動画の保存が出来なくなってしまうことがあるようなのです。

そこで今回は、TikTok動画の保存が出来なくなってしまった場合の原因や対処法について徹底的に解説していきたいと思います!

YouTubeやライブ配信に興味のある方は、ベガプロモーショへ!

TikTok動画の保存ができない原因とは?

TikTokにて、動画の保存が出来なくなってしまった場合の原因として考えられるのは主に以下の2点のようです。

・ユーザがダウンロードできないよう設定している

・楽曲の著作権制限問題

そもそも、ユーザ自身がスマホ自体で動画全体をダウンロードできないように設定をしてしまっている場合は、当然ながら動画を保存することはできません。

TikTok内の「マイページ」→画面右上の「三本線アイコン」→「プライバシー設定」→「自分の動画をダウンロードできる人」を「オフ」にしていることが、動画を保存できない原因と考えられます。

もう1つは、TikTok動画にて使用された楽曲の著作権の関係で動画が保存できない場合です。

日本の音楽は、著作権管理団体であるJUSRACが管理をしています。

TikTokはJASRACと利用許諾契約を締結しているため、アプリ内で使用を認められている音楽に関しては自由に動画へ使用することが可能です。

しかし、この楽曲の使用に関しては、あくまでも「TikTokアプリ内のみ」のお話です。

著作権のある楽曲の流出を防ぐために、動画を保存できないように設定しているということが考えられます。

TikTok動画の保存ができない場合の対処法とは?

それでは、TikTokアプリにて動画の保存が出来なくなっている場合、どのような対処をすればいいのか実際に見ていきましょう。

今回は、iPhoneによるTikTok動画の保存方法をご紹介していきます。

※アンドロイドのユーザーも同等の作業で動画の保存が可能です。

1.保存したい動画を開き「シェア」→「GIFとしてシェア」アイコンをタップ

しかし、まれに「写真にアクセスできませんでした。アクセスを有効にするには、「設定」を開いてください。」と表示されることがあるかと思います。

その場合は、「設定を開く」→写真の「許可しない」→「読み出しと書き込み」をタップして設定し直すと保存することが可能になります。

 

いかがでしたでしょうか?

動画はTikTokアプリ内で見ることが出来れば特に問題ないという方も多いでしょう。

しかし、通信量を気にせず自分のお気に入りの動画を保存してオフライン環境でゆっくりと動画を鑑賞したい場合もありますよね。

そんな場合には是非、今回の方法をお試し頂いて有意義なTikTok動画ライフを送って頂ければなと思います。

YouTubeやライブ配信に関して相談のある方はこちらから!

ライバー事務所一覧

ベガプロモーションさんの評判は?