【Tik Tok】ハッシュタグおすすめの使い方は?

TikTok(ティックトック)において、「視聴者の人気を集められるような効率的なハッシュタグのつけ方やおすすめの使い方を知りたい! 」このように感じている方も多いと思います。

またハッシュタグのつけ方が分かったところでなぜつけるか、その意味や使い方をしっかりと理解していないとハッシュタグを付けても意味がありません。

ハッシュタグのつけ方が悪いと不満に思ったり、見てくれない人も多いみたいです!

 

そこで今回はTikTok(ティックトック)のハッシュタグとはいったいどのようなものなのか、またハッシュタグの上手な使い方まで徹底的に解説していきます。

・ハッシュタグのおすすめの使い方は?
・人気のハッシュタグってどんなの?
・ハッシュタグをつける時の注意点!
  YouTubeやライブ配信に興味のある方は、ベガプロモーションへ!

TikTok(ティックトック)におけるハッシュタグのおすすめの使い方は?

ハッシュタグというは、TikTok(ティックトック)にアップをした動画に「検索キーワード」をつけるというものになります。

ハッシュタグをつけると、TikTok(ティックトック)アプリ内で検索をおこなったときに、そのハッシュタグのついている対象の動画がすぐに検索にヒットします。

ハッシュタグの形式はきちんと決まっていて、「#+対象キーワード」というかたちをとります。

たとえば、犬関連の動画を検索したいのであれば、犬というキーワードにハッシュタグをつけて「#犬」とします。

これだけ見るとなんのキーワードにもとりあえずハッシュタグを付ければいいのでは、と思うかもしれませんが、ハッシュタグは適当につければいいわけではないのです。

TwitterやInstagram、YouTubeなどでも現在ハッシュタグというものは非常に重要視されており、最新トレンドを取得したり、また逆に自分から発信したりする際にかなり役立ちます。

効果的な使い方をするのが大切です!

ここからはTikTok(ティックトック)におけるハッシュタグのおすすめの使い方をご紹介していきたいと思います。

TikTok(ティックトック)で人気のハッシュタグを使うには?

まずTikTok(ティックトック)におけるハッシュタグというのは、視聴者が目的をもってきちんと検索をしてくれるようなキーワードにつけなければなりません。

誰も検索をしてくれないようなキーワードを使うのは意味もないですし、動画もヒットしないのでハッシュタグが無駄になってしまいます。

よくあるのはティックトッカー自身が自分でハッシュタグを考えるということなのですが、TikTok(ティックトック)を利用する視聴者とニーズが合わず、

失敗をしてしまうということも多くあるようです。

自分では使用頻度の高いハッシュタグだと考えたとしても、その他のティックトッカーが使用していないようなハッシュタグをつけては検索にヒットしないので意味がありません。

じゃあどういうハッシュタグが人気なの?

動画にオリジナリティを出すことはとても大切ですが、ハッシュタグに関してはオリジナリティを出さずTikTok(ティックトック)において人気のハッシュタグを必ず使用するようにしましょう。

トレンドのハッシュタグのほうが多くの人の目に留まりますからね!

TikTok(ティックトック)で人気のハッシュタグは、アプリ内の「トレンド」の項目に記載されていますので1度、確認をしておくとよいかもしれません。

しかし、アプリ内のトレンドに記載されているハッシュタグをそのまま使用したとしても、あまり効果はありません。

なぜならTikTok(ティックトック)のトレンドに記載されているハッシュタグでは、人気となっている8本の動画までしか表示がされないからです。

また、トレンド項目内にて直接、検索をおこなった際も、位に表示されるのは人気の動画のみというシステムとなっています。

つまり人気となっているハッシュタグだけをただ単純に使用したとしても、それだけでは苦労して撮った自分の動画が検索上位に来ることはありません。

せっかく作った動画が見てもらえないのは悲しいですよね!

どういう使い方をすればいいの?

人気のハッシュタグだけではなく、「人気のハッシュタグ+その他のハッシュタグ」といったように複数のハッシュタグをできるだけ多く使うようにすると良いです。

上のような、人気で上位となっていて競争率の激しいトレンドキーワードに加えて、その時期や自分の動画に関連しているキーワードをなるべく多く盛り込むとより効果的です。

そうすることによって、検索をする際のターゲットキーワードが絞られて効率的に動画が検索されるようにもなります。

どういうキーワードがおすすめ?

メインキーワードに加えて、追加するおすすめのサブキーワードとしては季節に関連することや、人気となっている楽曲、人気の芸能人が良いとされています。

そしてその重要なメインキーワードに関してですがTikTok(ティックトック)のメインキーワードとして人気のハッシュタグは現在は、「#広告で有名になりたい」となっています。

ティックトッカーからタレントになりたいと考えている方が、芸能関係者の方にアピールするには非常に重要なキーワードになりますので是非、使ってみてください。

その他に人気のメインキーワードには、「#フォロワーを増やしたい」「#いいねほしい」などといったキーワードも存在しています。

ただ忘れないで頂きたいのは、動画にきちんとマッチしたハッシュタグをつけなければ効果はないですし、いいねをもらったり、フォロワーが増えたりすることはありません。

万が一、TikTok(ティックトック)にて検索をおこなう場合に、イケメン動画を見たいから「イケメン」というキーワードで検索をしたのにイケメンでない人が検索されたら疑問に思いますよね。

また、インフルエンサーを生業としている人が使ったハッシュタグというのは、たいていバズる傾向にあります。

インフルエンサーの人の動画をチェックして使っていたハッシュタグを使うのが効率がいいと思います!

人気のハッシュタグを一部紹介!

広告で有名になりたい

やはり特に人気のタグはこれです。中でも十代の投稿者がよく使っているそうです。もともとはTikTok(ティックトック)のキャンペーンの一環で使われていたタグですが、今では多くのユーザーに人気のタグとなっています。

笑ってはいけないTikTok

テレビ番組の笑ってはいけないシリーズから名前をとっているこのハッシュタグ。

くすりと笑えるものから、爆笑必死の投稿までたくさんの投稿があるのでぜひ一度目を通してみてください!

通知きた

このタグ、最初「どういう意味なの?」って思いますよね。このタグは犬や子供に通知の音を聞かせて反応を楽しむ、という動画についているタグです。

子供やペットのかわいい反応を見て癒されたい人が良く見る人気のタグです!

TikTok(ティックトック)における複数ハッシュタグの使い方は?

ハッシュタグは1つTikTok(ティックトック)動画に対して、複数のハッシュタグをつけることができるようになっています。

1つのハッシュタグをつけただけでは、1個のキーワードでしかヒットすることになりません。

TikTok(ティックトック)では、ハッシュタグは複数あるほうが動画が検索されやすくなるので必ず、ハッシュタグは複数つけるようにすると良いでしょう。

上でも言っているように、人気のハッシュタグ+季節や動画にマッチしたタグがおすすめです!

多ければ多いほどいいというわけでもない!?

しかし、実はハッシュタグが多ければ多いほど動画の閲覧数やいいねの数が増えるというわけではないんです。

ある検証によると、同じ人が似たようなコンテンツの動画二本をハッシュタグを4つつけたものと、7つつけたものに分けて投稿したところ、

ハッシュタグが4つの場合は6万いいね

ハッシュタグが7つの場合は600いいねだったそうです。

えっ!?多ければその分いいねも増えるというわけではないんですね!

そのようです。ですから、数をやたら多くするのではなく、効果的なハッシュタグをいくつかつけるというのが賢い方法におもえます。

1度、TikTok(ティックトック)へ投稿したハッシュタグは取り消すことができない

TikTok(ティックトック)アプリにおけるハッシュタグシステムには少々、難しい決まりが定められています。

それというのが今までに投稿したTikTok(ティックトック)動画につけたハッシュタグは1度、つけてしまうともう取り消せないということです。

もし不本意なハッシュタグを間違えてつけてしまった場合には、こんな風に投稿をした動画ごと1度、削除をして動画を再投稿するしかありません。

もし万が一、適当につけてしまったハッシュタグの動画が思いがけず人気が出てしまった場合は、せっかく人気が出ても1からやり直しになってしまいます。

また1度、削除をしてしまった動画のいいね数や視聴者数などの実績は残らず一緒に消えてしまいますので注意が必要です。

よーく考えてからハッシュタグはつけましょう!

TikTok(ティックトック)のハッシュタグのおすすめの使い方まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

ハッシュタグは適当につけるのではなく、動画に合うものをつけることが大切です。

間違えてつけてしまうと動画を1度、削除しないといけないので注意をして投稿しなければなりません。

上手なハッシュタグをつけて、人気の動画をつくっていきましょう!

YouTubeやライブ配信に関して相談のある方はこちらから!

ライバー事務所一覧

ベガプロモーションさんの評判は?

youtube