お勧めのライバー事務所はどこ?

どこの事務所に入ればいいの?そんな疑問にしっかり答えます!

ライバー事務所お勧めの記事はこちら!

お勧めのライバー事務所一覧

【TikTok】TikTok(ティックトック)でフォロワーを増やすコツは?運用戦略を解説!

TikTokは、音楽や編集機能を使い、簡単に短い動画を撮って投稿できるSNSアプリです!

今や中高生を中心にとても人気のあるTikTokですが、

TikTokに動画を投稿したものの、なかなか視聴者やフォロワー数が伸びず、悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

TikTokの視聴者やフォロワーを増やす方法は、誰もが知りたいですよね!

TikTokで視聴者やフォロワーが増えれば、他の連携したSNSアプリのフォロワー数が増えたり、TikTokからPRのお仕事が来たり、良いことがたくさんあります!!

そこで、今回はTikTokで視聴者やフォロワーを増やす方法や機能を紹介します!

ぜひ最後までご覧ください☆

TikTokのフォロワー数増加のコツは?

TikTokでフォロワーを増加させるには、大きく分けて5つの方法があります!!!

・動画は、口パク(リップシンク)を選ぶ
・ハッシュタグを工夫する
・いいねを付け合うグループへ参加する
・有名人のSNSを活用する
・相互フォローをする

動画は、口パク(リップシンク)を選ぶ

まず、TikTokの投稿動画には、大きく分けて4つの種類があります。

  • 口パク(リップシンク)
  • 踊ってみた系
  • ガチダンス系
  • イラスト系

この中でも、特におすすめするのは、口パク(リップシンク)のタイプです!!!

口パク(リップシンク)の動画は、TikTok人気の火付け役ともなった動画の種類です。

口パク(リップシンク)をおすすめする理由は、他の種類に比べて、投稿することが簡単なので、投稿数を増やすことができるからです。

TikTokでフォロワー数を増やすには、まず投稿数を上げる必要がありますが、口パク(リップシンク)動画なら最も手間をかけずに作成することができます!

よって、最もフォロワー数を増やしやすいジャンルだといえるでしょう!

運営側から高い評価を得るためには、豊富な投稿数は必要不可欠ですが、アカウント人気やバズりのきっかけになりやすいのもこの口パク(リップシンク)系動画なのです!!

簡単に楽しい動画へ編集でき、たくさん投稿できるところも、口パク(リップシンク)人気の理由です。

投稿する動画が増えれば増えるほど、視聴者数やフォロワー数もふえやすくなりますよね!

ハッシュタグを工夫する

TikTokでは、動画を投稿する際に、ハッシュタグ「#」を複数つけることができます。

ハッシュタグは、「いいね」を多く集める上で必須な条件であり、

ホットワードを含んだハッシュタグをを付けずに、初心者がバスることはほぼ不可能といえます。

ハッシュタグの種類は、おすすめ動画やトレンドを参考にし、自分の動画内容にあったタグ付けを行いましょう!

特に、おすすめ動画に流れてくるような人気TikTokerやインフルエンサーが使っているハッシュタグを使うと、フォロワーが増えやすくなります!

ハッシュタグを使うタイミングも重要ですので注意しましょう。

ハッシュタグが流行ってしまってから投稿しても、多くの投稿動画の中に埋もれてしまい、流行のハッシュタグの効果がなくなってしまいます。

よって、すでに影響力のあるTikTokerの動画をこまめにチェックし、流行りだす前に、同じハッシュタグで投稿するとフォロワー増加に効果的です!

有名人が使っているハッシュタグは、これからバズる可能性が高いので、まず調べてみましょう☆

また、流行のハッシュタグと一緒に、以下のような季節のキーワードを含むことがポイントです。

・母の日
・卒業式
・年越し
・海水浴 など

 

特に、「卒業式」などは、TikTokユーザー全員に当てはまるものではないので、
同じハッシュタグで視聴者やフォロワー数を増やしたいライバルを避けることができます。

いいねを付け合うグループへ参加する

TikTokの「おすすめ動画」に選ばれるためには、短期間で一気にいいねを集める必要がありま

いいねを意図的に集めるためには、お互いの動画にいいねをし合うグループや掲示板に積極的に参加することが必要です!!

つまり、自分以外にもいいねを欲しがっている人が世の中にはたくさんいるんです!

まず、「相互フォローを求める」人たちが集まるグループをLINEやTwitterを通して検索してみましょう!

有名人のSNSを活用する

TikTokユーザーの中には、有名人のSNSを活用して、視聴者やフォロワー数を増やす方もいます!!

さっそくその方法を見ていきましょう。

まず、有名人のSNSにTikTok動画がアップされるのと同時に、コメントを残します。

コメント内容は、以下のとおりです。

・自分のTikTok動画
・「動画の視聴、もしよかったらいいねをお願いします」

もちろん、有名人は一般のTikTokerは相手にしていません。

ですので、万が一視聴してくれればラッキーと考えましょう。

有名人のSNS投稿に返信する目的は、有名人に動画を見てもらうことではなく、有名人のファンからのアクセスをゲットすることです。

有名人のファン数は莫大であり、投稿されているコメントをすみずみまでチェックするファンは多いでしょう。

コメントに、自分の動画を貼り付ければ、自然にプレビュー数が増えるので、大きな宣伝効果が期待できるでしょう。

ここでは、コメントを投稿するタイミングが重要です。

有名人がSNSに投稿したタイミングで、すぐにコメントをしなければ、他のファンのコメントに埋もれてしまい、コメントを見てもらう機会が大幅に減ってしまいます。

またTikTok動画やコメントは、有名人のSNS投稿にやみくもにアップしてはいけません。

コメントを残すときは、あくまで関連があるTikTok動画のみにしましょう!

コメントがしつこいと、運営に通報されたり、アカウントをブロックされてしまう可能性があるので、気を付けましょう。

相互フォローをする

TikTokを始めたばかりの方は、なかなか動画を見てもらえない方も多いのではないでしょうか?

そんな時は、ユーザー同士で相互フォローをしたり、いいねし合ったりして再生回数・フォロワー数を増やしていきます!

このように仲間同士で協力することで、まず最低限のアクセスを確保できます!!

投稿した動画が「おすすめ動画」に掲載されると、フォロワーや再生回数が必然的に増えます!

「おすすめ動画」に掲載されるためには、最低限の相互フォローやいいねが必要ですので、以下の方法を参考にいいね・フォロワーをゲットしましょう!

・TikTokを使っている友人
・Twitter、Instagram、LINEなどのSNS
・ネット上のTikTok相互フォロー掲示板
特に「おすすめ動画」への掲載条件は厳しく、一定期間に多くの「いいね」を集めていることが必要です。
短期間での「いいね」が重視されることからも、「人気の瞬発力」を重視する傾向にあることがわかりますね。

TikTokアカウントの分析方法

ここで、TikTokアカウントの運用について分析したものをご紹介します。

・いいね数をみる
・フォロワーの伸び方を知る
・動画の撮影コストを下げる
・コンテンツを工夫する

いいね数を見る

TikTokにおける人気は、「いいね」された数を見ていきます。

いいね数は、属人的・非属人的コンテンツ(顔を出しているか出していないか)で、大きな差が出ます。

以下の数字は、平均して出されたデータです。

属人的コンテンツ:10万再生数に対して、1万いいね数(いいね率10%)
非属人的コンテンツ:10万再生数に対して、3000いいね数(いいね率3%)
つまり、顔を出していた方がいいね数を集めやすいといえます。
いいね数が多ければ多いほど、フォロワー数が増えていくので、
単にフォロワー数を追うのではなく、「どんなコンテンツを出せばいいのか?」を考えていくことが重要です!!
また、いいね数のバランスがユーザーのアカウントの世界観の需要を表しています。
というのも、再生回数は、おすすめ動画に出てくるだけでカウントされるので、受身的な数字なのです。
いいね数は、視聴者が投稿された動画に対して能動的にアクションした数になるので、再生回数よりもいいね数を見た方が、正確な判断をしやすいといえます。

フォロワーの伸び方を知る

TikTokは、モチベーションの上がり下がりがとても激しいです。

そのため、3か月で投稿を辞めてしまう人が出てきます。

それは、TikTokがInstagramなど他のSNSに比べて運用コストがとても大きいからです。

TikTokの特徴的に、投稿が資産化されにくく、コンテンツベースになります。

よって、投稿によりいいね数などの伸びの変動が激しく、伸び悩みが絶対に訪れるのです。

 

TikTokブログ素材_2.001

SNSの中でも、Facebook、Twitter、InstagramとTikTok、YouTubeとでは、タイムラインの仕組みが異なります。

TwitterやInstagramは、「人」がベースになっているため、一度フォロワーを多く獲得すると、継続して、伸び続けることができます。

しかし、TikTokは、おすすめ動画に人が集まる「コンテンツ」ベースのため、継続して伸びることが難しいのです。

TikTokブログ素材.001

TikTokの運用には、スケジューリングを確立することが重要です。

たとえば、毎週1日2時間7本動画を撮るなど決めて、撮り溜めをします。

TikTokは、ネタを考えるコストが低いので、素材さえあれば、テキストやハッシュタグを選ぶのには時間がほぼかかりません。

モチベーションを保ち続けるには、チームで運用していくのがベストですが、難しい場合は、まずスケジューリングなど体制を整えましょう!

TikTokは、1回動画がバズっても、資産化されにくいので、次の動画での再現性は低いです。

TikTokブログ素材.001

フォロワーが増えているのに次回出した動画が伸びないと、モチベーションが下がってしまいます。

よって、フォロワーが伸びても、投稿する動画の本数を担保することを軸にアカウントを運用できると、

ひとつひとつの動画の伸び悩みに一喜一憂せずに、長期的に伸びるアカウントにできます。

動画の撮影コストを下げる

TikTokでは、時間をかけて撮影編集した動画よりも、5分で撮った動画の方が伸びることはよくあります。

TikTokにおけるいい動画とは、

クオリティの高いこだわった動画ではなく、多く再生される動画になります。

常にTikTokでどんな動画が再生されているかが大事になってきます。

よって、いかに動画の撮影コストを下げて、動画の本数を担保できるかが重要です。

つまり、1時間で1本の動画を撮るのではなく、クオリティを下げて、1時間に3本の動画を撮る方が大事です。

特にTikTokを始めたばかりの方は、とにかく動画の投稿数にこだわりましょう。

コンテンツを工夫する

TikTokの動画は、まず流行に乗ることから始めるとよいです。

というのも、視聴者は、目新しいものは受け入れがたいが、多くの人が利用しているものに対しては抵抗が少なくなるからです。

つまり、TikTokでは流行りに乗れば、視聴者にとって好感度の高くなじみやすい状態でコンテンツを届けることが可能です!

TikTokブログ素材_1.001

TikTokフォロワー数を増やす方法まとめ

いかがだったでしょうか?

TikTokの視聴者・フォロワー数を増やす方法について解説しました。

・動画は、口パク(リップシンク)を選ぶ
・ハッシュタグを工夫する
・いいねを付け合うグループへ参加する
・有名人のSNSを活用する
・相互フォローをする
特に、口パク(リップシンク)動画やハッシュタグ、相互フォローは、多くのユーザーがやっている方法です。
必ずやっておきましょう!!!!!
また、TikTokアカウントの運用は、目先のいいね数に一喜一憂せず、長期的な目線で、動画を投稿し続けることが重要です。
上手にTikTokの視聴者、フォロワー数を増やし、TikTokライフを楽しみましょう!!

 

最後までご覧いただきありがとうございました☆

ライバー事務所一覧

お勧めのライバー事務所一覧

ベガプロモーションさんの評判は?

ベガプロモーションさんの評判は

YouTubeチャンネル

YouTubeはじめました