TikTokの禁止行為を詳しくまとめてみた

皆さんはTikTokで動画を投稿、もしくは視聴していて、迷惑なユーザーに出会ってしまったことはありませんか?
どのライブ配信サービスにも、一定数は迷惑行為をしてしまうユーザーがいます。
そういった迷惑行為から身を守ることも大切ですが、無意識のうちにあなた自身が迷惑行為をしてしまわないよう、TikTokの禁止事項を理解しておくことが重要となります。
今回はTikTokの禁止事項について紹介します。

誰かに迷惑をかける行為は禁止

TikTokで禁止されている行為は、主に他人に
迷惑をかける行為と、サービスの公平性を脅かす行為です。
権利を主張することは禁止動画に関する著作権や、動画の内容に関する権利は全てTikTok側にあります。
そのため、動画内でその権利を主張したり、動画を使って収益を得ようとする行為は、禁止行為に該当するので注意しましょう。
TikTokには収益をあげる仕組みはないので、あくまで認知してもらうための利用として、収益目的で利用することは避けましょう。

他のユーザーの気分を害するような行為

配信を視聴している他のユーザーが気分を害してしまうような、迷惑行為も禁止行為に含まれてしまいます。
たとえば、特定のユーザーの誹謗中傷や、性的内容のコメントなどが迷惑行為に該当します。
動画内での飲酒や喫煙も禁止なので、ライバーさんは注意してください。

ルールを守って楽しく配信・視聴しよう

TikTokで定められている禁止行為は、最低限守らなければならないルールです。
ルールとして決められている禁止行為はもちろんですが、それ以外にも迷惑行為の可能性がある行為はやめましょう。

ライバー事務所一覧

ベガプロモーションさんの評判は?

youtube