お勧めのライバー事務所はどこ?

どこの事務所に入ればいいの?そんな疑問にしっかり答えます!

ライバー事務所お勧めの記事はこちら!

お勧めのライバー事務所一覧

【TikTok】ティックトックは危険?安全性について解説!!

TikTokに興味を持っているという人の中には、TikTokの安全性が心配な方もいるのではないでしょうか?

TikTokは、動画で他のユーザーとコミュニケーションが取れるアプリで、楽しそうである反面、怪しい口コミも多く見られます。

これからTikTokを安心して使うのであれば、できるだけ安全性を確認しておきたいですよね!

そこで、今回はTikTokの安全性について詳しく調べてみました!!

ぜひ最後までご覧ください☆

TikTokの危険性について

・TikTokは安全?実際どうなの?
・TikTokのリスクは?
・子供が安全に使うためには?

TikTokは安全?実際どうなの?

TikTokは、中国のメディア企業であるBytedanceが提供している、短編動画コミュニケーションアプリです。

15秒から60秒という短い動画の中で、音楽に合わせて踊るなど、面白い動画を撮影することにより、他のユーザーとコミュニケーションが取れるようになっています。

TikTokには155ヵ国で10億人のアクティブユーザーがいるといわれており、その60%は16~24歳です。

ガイドラインでは、13歳以上であれば誰でもアプリを使用可能としていますが、年齢を確認するプロセスはありません。

結論から言ってしまうと、TikTokは100%安全に利用できるアプリではなく、中には怪しいユーザーも登録しているようです。

また、提供元の企業が中国であることからも、個人情報の取り扱いルールなどの違いから、危険にさらされてしまう可能性もあります。

TikTokのリスクは?

では、TikTokにはどのようなリスクがあるのでしょうか?

TikTokアプリ自体は本質的に危険ではありません。

むしろ個人のアプリの使用方法が、自分自身または他者を危険にさらす可能性があります

そのため、保護者の方は、お子様がTikTokをどのように利用しているか、そしてその体験を可能な限り安全にする方法を理解することが重要です!

ここで、お子様がTikTokで遭遇しうるリスクの一部を紹介します。

・見知らぬ人からの連絡
・成人向けコンテンツと歌詞
・スパムとマルウェア
・過度のスクリーンタイム
・ネット上のいじめ
・「いいね」への執着
・オーバーシェアリング

「見知らぬ人からの連絡」

子どもたちを狙う人は、まずTikTokを使って子どもたちとつながろうとします。

TikTokユーザーをフォローしているユーザーは誰でもプライベートにメッセージを送信し、アプリ外でプライベートな会話を開始できる仕組みがあります。

「成人向けコンテンツと歌詞」

TikTokの投稿動画には、性的な要素や露骨な表現の画像を含むビデオ、露骨な歌詞が使われていることがあります。

また、子供たちがそのような事実をあまり意識せずに、その歌詞を含むビデオのミュージッククリップを使用することもあります。

「スパムとマルウェア」

最近のレポートでは、TikTokアカウントを様々な悪意ある攻撃にさらす危険性のあるソフトウェアの脆弱性が明らかにされています。

ハッカーは、この欠陥を悪用して、一見正当に見えるメッセージを送信することで、マルウェアをロード、プライベートビデオを公開し、個人データにアクセスできた可能性があることが判明しました。

「過度のスクリーンタイム」

TikTokは、15~60秒の短い動画を投稿するアプリであり、子供の好奇心をそそります。

それがアプリの長時間使用につながり、

睡眠不足などのオンラインの時間が長すぎることによるその他の多くの否定的な結果につながる可能性があります

「ネット上のいじめ」

TikTokのユーザーは、「クレンジングコンピレーション」を作成することで知られています。

「クレンジングコンピレーション」とは、奇妙な、見方によってはクールな、または引いてしまうようなものに値すると思われる動画のことです。

このような動画は、TikTokの外部に投稿され、ウイルスのようになっています。

また、ユーザーは、一部のアンチコメントに便乗する傾向があり、結果としてネットいじめになってしまっています。

「いいねへの執着」

TikTokは、他のSNSと同様、いいね数や再生回数、フォロワー数などに中着してしまう傾向があります。

この強迫観念は、危険な行為、いじめ、有害なコンテンツなど悪い判断につながる可能性があります。

よって、TikTokを使用する際は、これらの傾向を意識して使うことが重要です。

「オーバーシェアリング」

一部の子供たちは、投稿動画を通して、学校、場所、自宅、その他の個人情報を誤って公開しています。

TikTokに投稿した動画は、不特定多数の人が見ることになるので、

犯罪に巻き込まれないためにも、個人情報の掲載には厳重な注意が必要です。

子供が安全に使うためには?

子供がされされうる危険性について説明しましたが、ここで、家族の皆様がお子様の安全を確保するためのポイントを説明します!

・アプリをダウンロード
・一緒にアプリを使用
・最大のプライバシー設定に
・制限モードでの利用を検討
・ペアレンタルモードを確認
・コメントやフォローを制御
・ソーシャルサークルを監視
・閲覧時間を監視
・子供たちを守る
・アプリをブロック
「アプリをダウンロード」
ご家族がTikTokを理解する最善の方法は、実際にTikTokアプリをダウンロードし、アカウントを作成して動画を探索することです。
少し時間をかけて、ハッシュタグを検索したり、おすすめ動画をチェックして、コンテンツの雰囲気をつかんでみてください!
また、TikTokの公式サイトには、安全のために仕組みの概要が掲載されているので、以下のリンクを参考に、お子様のデータがどのように使用されているかを確認してください!
セーフティーセンター
≪https://www.tiktok.com/safety?lang=ja
プライバシーポリシー≪https://www.tiktok.com/legal/privacy-policy?lang=ja
「一緒にアプリを使用」
お子様と一緒にコンテンツを閲覧します。
そして、コンテンツの長所や短所が、家族のデジタルに関する基本ルールと一致するかどうかについて話し合います。
「最大のプライバシー設定に」
TikTokは、初期設定では公開アカウントになっており、誰でもコメント、ダイレクトメッセージの送信、投稿主の動画を共有することができてしまいます。
よって、プライバシー設定から、非公開アカウントにすることで、
承認されたフォロワーのみがお子様の動画を見たり、メッセージ送信をすることができるようになります。
「制限モードでの利用を検討」
TikTokには、未成年者向けの制限モードがあり、不適切なコンテンツを除外できます。
「ペアレンタルコントロールを確認」
ペアレンタルコントロール機能を使用すると、親は自分のTikTokアカウントを子供のアカウントにリンクして、
画面時間の管理、ダイレクトメッセージ、制限の設定、友人やコメントのフィルターの制御をすることができます。
「コメントやフォローを制御」
ユーザーは、特定の動画に対するコメントを無効にし、
知らない人がそれらをフォローするのをブロックし、不正行為を報告できます。
「ソーシャルサークルを監視」
子供はプライバシー設定を変更し、最終的にはより多くの接続を確立して、多くのコンテンツを共有できるよう仕向けることが可能です。
お子様が誰をフォローしているか、誰からフォローされているかを監視することを検討してください。
お子様がフォローしているTikTokインフルエンサーと、そのインフルエンサーが共有しているコンテンツのタイプを検討してください!
「閲覧時間を監視」
TikTokは、無意識に長時間の使用になりがちです。
そこで、2時間ごとにユーザーに警告する機能や、画面閲覧制限を設定するフィルタリングソフトウェアなどの別の方法を追加することも検討してください!
「子供たちを守る」
TikTokでオリジナルのコンテンツを作成し、オンラインで共有することは勇気が必要です。
しかし、その努力がいじめられる原因になるなども含め、TikTokは子供にとって潜在的に危険な環境をもたらします。
あなたのお子様がオンラインで正しい行動をとることを徹底し、必要な時には仲間に対してもサポートするよう促しましょう!
「アプリをブロック」
TikTokのコンテンツ自体がご家族に適していない、またはリスクが機械を上回ると判断した場合、
AndroidとiOSの両方にアプリのブロックを許可する組み込みのペアレンタルコントロールがあります。

全ユーザーがTikTokを安全に使うためには?

・安全に利用するコツは?
・動画撮影時の服装や背景に十分注意する
・怪しい人には深入りしない
・事前にある程度の制限を設ける

安全に利用するコツは?

TikTokのユーザーで危険にさらされているのは、子供だけではありません。

TikTokは、顔出しや部屋出しをして動画を投稿する人も多く、状況に応じて安全に利用できない可能性もあります。

そこで、TikTokを安全に利用するために、ある程度の自己管理を行うことが必要です!

まずは、以下の3点に注意しましょう!

・動画撮影時の服装や背景に十分注意する
・怪しい人には深入りしない
・事前にある程度の制限を設ける

動画撮影時の服装や背景に十分注意する

TikTokで動画を撮影する時は、

家バレや学校バレなどに十分配慮する必要があります!

よって、以下に気を付けましょう!

  • 本名を明かさない
  • 白い壁の前で撮影する
  • 制服や校章をつけたまま撮影しない

怪しい人には深入りしない

TikTokを利用していると、見知らぬユーザーからいいねやコメントがついたり、ダイレクトメッセージが届くこともあります。

しかし、中には怪しいユーザーも存在するので、TikTokからLINEに誘導されるなどの事例もあるようです。

怪しい人に関わることで、何かしらの犯罪に巻き込まれる可能性も十分にあります。

できるだけ深入りしないように心がけましょう!

事前にある程度の制限を設ける

TikTokは、より安全に利用するために、プライバシー設定である程度公開やコミュニケーションに制限を付けることができます。

1.アプリを起動し、画面右下の「マイページ」をタップ

 

2.画面右上の「・・・」をタップし、「設定とプライバシー」を開く

3.「プライバシー」をタップ

4.「安全フィルター」から、各種制限を設定する

安全フィルターで設定できる制限は、以下の通りです。

・自分の動画のダウンロードをできる人
・自分にメッセージを送信できる人
・自分の動画とリミックスできる人
・自分の動画とデュエットできる人
・自分が「いいね」した動画リストの公開範囲
・動画にコメントできる人
・コメントフィルター

これらのプライバシー設定やブロック機能をうまく活用しながら、怪しい人を避けて安全に利用していきましょう!

TikTokの安全性まとめ

いかがだったでしょうか?

TikTokの安全性について調べてみました。

プライバシー設定を活用し、保護者の方はお子様のアプリ使用を把握することで、

TikTokを安心して使えるようにしましょう!!!

最後までご覧いただきありがとうございました☆

ライバー事務所一覧

お勧めのライバー事務所一覧

ベガプロモーションさんの評判は?

ベガプロモーションさんの評判は

YouTubeチャンネル

YouTubeはじめました