【YouTube】アナリティクスの見方と使い方は?

アナリティクスって、ご存知でしょうか?

アナリティクスとは、サイトへのアクセス状況が分かる解析ツールのことになります。

アナリティクスを駆使することによって、サイトの運営を大きく左右します。

そこで今回は、YouTubeアナリティクスの見方や使い方を徹底解説していきます。

YouTubeやライブ配信に興味のある方は、ベガプロモーションへ!

YouTubeアナリティクスとは?

そもそもYouTubeアナリティクスとは、YouTubeチャンネルや動画をデータ分析するためのツールとなります。

まだ見たことがない!という方は1度、見てみてください。

クリエイターツール内の左側バーにある「アナリティクス」をクリックすれば、すぐにアナリティクスページにいくことができます。

YouTubeアナリティクスは初めての方が扱うと一見、かなり難しいかと思います。

専門用語多いですし、このようなデータが見慣れていない人はこのデータの何を見れば良いのか、どこから解析を始めれば良いのか戸惑うことでしょう。

そもそも、YouTubeアナリティクスでどんなことができるのかというところから始まるかと思います。

最初は難しいツールかと思いますが、使いこなせば必ずメリットのあるツールですので活用をして自身のYouTubeチャンネルのプラスにしましょう。

YouTubeアナリティクスのメイン画面の見方は?

YouTubeアナリティクスのタブは左から、「概要」「視聴者へのリーチ」「視聴者への関心度」「視聴者の獲得」「収益の獲得」の順番に並んでいます。

これは、マーケティング分野でいうところの「気づいてもらう」「動画をみてもらう」「チャンネル登録してもらう」「広告収益が発生する」に紐づきます。

なのでYouTubeアナリティクスでは、左のタブ順番に情報を見ていくと収益を発生させるまでどのような点に注意していけば良いのかが分析できます。

YouTubeアナリティクスにおける視聴者へのリーチの使い方は?

「視聴者へのリーチ」というのは、自身のYouTubeチャンネルがどれくらい認知されているか、実際にどれくらい視聴されているのかを確認することができるものです。

認知というのは、検索等の結果として人の目に触れている数であり、実際に視聴をされる前の段階となります。

そのさらに先、視聴まで至るかどうかはアイキャッチ画像やタイトルなどの要因にかかってきます。

上記の画像1つでさまざまな要因を解析することができます。

表示回数が少ない

コンテンツ量が足りないもしくは、検索に適したタイトルになっていない

クリック率が低い

タイトルが魅力的でなく、アイキャッチ画像が目を惹くものでない

平均視聴時間が短い

コンテンツ内容が魅力的でない

などなど、さまざまな要素があります。

YouTubeアナリティクスにおける視聴者の関心度の使い方は?

「視聴者への関心度」では、自身のYouTubeチャンネルのどの動画が比較的人気なのかが確認できます。

人気の動画が特定できれば、その特定要素に合わせた動画を作成し視聴へつなげるということもできます。

また、こちらではYouTubeチャンネル登録を促す効果の有無も確認することができます。

たとえば、人気動画の再生時間が長いのに動画の終了画面にてクリック数が少ない場合には、動画の内容自体ではなく動画の終了画面を見直す必要があるということにもなります。

YouTubeアナリティクスにおける視聴者の獲得の使い方は?

「視聴者の獲得」タブを選択すると、視聴者の性別や年齢などを確認することができます。

どのような年齢層の方が自身のYouTube動画を視聴してくれているかが分かれば、その年齢層に向けたコンテンツを充実させることによって視聴者の満足度を上げることにも繋がります。

YouTubeアナリティクスにおける視聴者の属性の見方は?

性別や年齢などの部分をクリックすると、上記のように詳細な情報を確認することができます。

これらの数値を用いることにより、自身のYouTube動画の属性を考えコンテンツ内容を変更したり、動画投稿のタイミングも工夫をすることができるようになります。

たとえば、学生の年齢層の視聴者が多い場合は学生が学校に通っている時間帯ではなく、帰宅後や休日の時間を狙って動画を投稿するなどの対策も取ることができます。

YouTubeアナリティクスにおける収益の獲得の使い方は?

YouTubeにて収益を得ようと考えている方は、こちらの項目が最も重要であるかと思います。

こちらの項目では、月別の推定収益や収益源となっている主な動画、広告の種類などを確認することができます。

YouTubeアナリティクスではレポートをダウンロードすることができる

ここまで紹介させて頂いたように、YouTubeアナリティクスではさまざまな数値を確認することができます。

それらの数値はただ見るだけでなく、データレポートとしてダウンロードすることも可能です。

いかがでしたでしょうか?

YouTubeアナリティクスを活用し、YouTubeでの効率的な収益アップを目指しましょう。

YouTubeやライブ配信に関して相談のある方はこちらから!

ライバー事務所一覧

ベガプロモーションさんの評判は?

youtube