【YouTube】字幕の利用方法は?

暇さえあればYouTube!

今はもう、そんな時代です。

いつでも、どこでも見れてしまうYouTube。

そんなYouTubeをすぐに見たいけど、音の出せない場面等ってやっぱりありますよね。

そういった時のために、YouTubeには字幕機能というものが存在します。

そこで今回は、YouTubeの字幕の使い方を詳しく解説していきます。

なお、YouTuberを目指している場合、まずはベガプロモーションに相談してみましょう。

YouTubeの字幕の設定方法は?

YouTuberが自動字幕機能をオンにしている場合には、動画画面に字幕を表示させることができます。

自動字幕機能というのは、YouTube自体が音声を聞き取って、自動で文字を起こしてくれる機能で、

この場合はYouTuber自らが字幕をつくっているわけではありません。

そのため漢字の変換がおかしかったり、違う内容として文字が起こされてしまったりと不自然になってしまう場合も

当然、発生します。

ちなみに、動画画面に字幕を表示させるのは非常に簡単です。

動画画面下部分の「設定」から「字幕」の順番に操作をするだけになります。

ここでもし字幕が表示されない場合、YouTuberの方で自動字幕機能をオンにしていないということになるので、

字幕の表示はできません。

通常であれば、下記のように表示されます。

YouTube自体による自動生成なので、少し意味が通じにくい文面もあります。

なお、あらかじめYouTuberが自身で字幕を作成している場合は、この手順をしてしまうと字幕が重なります。

1からオリジナルにこだわって、すべての字幕を自身で作成するYouTuberもいますが、

自動生成された字幕を編集していく方が、簡易的になります。

YouTubeの字幕の文字色の変え方は?

標準の字幕の文字は、黒の背景に白か黄色の文字となっています。

しかし、動画の内容によっては文字色が見にくい場合もあるでしょう。

そのような時のために、字幕の文字色は自由に変更することが可能になっています。

字幕の文字色を変えるには、やはり動画画面下の「設定」からおこないます。

「設定」から「字幕」の後に「オプション」を選択すると、字幕の表示設定を細かく変更することが可能です。

動画の内容に合わせて文字色を変更していくと、動画が見やすいかもしれません。

YouTubeの字幕の英語表示のやり方は?

YouTubeの字幕機能を上手に利用すれば、英語の勉強も出来てしまいます。

設定方法は日本語字幕の時と変わりませんが、動画側で英語の字幕設定がされていることが条件となります。

当然ながら海外のYouTube動画では英語の字幕が出てきますので、英語の勉強のために海外の動画を見てみるのも

いいかもしれませんね。

これで日本語訳と英語訳を同時に学習することができます。

YouTubeの字幕の自動翻訳のやり方は?

日本語ではない言語の字幕が付いている動画については、自動翻訳機能を使うことができます。

こちらも通常の字幕と同様です。

動画画面下の「設定」から「字幕」の項目にいくと、「自動翻訳」があるのでそれを選択しその後

翻訳したい言語を選ぶと自動翻訳が開始されます。

この自動翻訳は、もともとの字幕をもとにおこなわれるので翻訳がきちんと自然にされるかどうかは

字幕が自然なものになっているかどうかに関わってきます。

しっかりとした字幕を自動翻訳すれば、ヒアリングの勉強にもなりますし学習に大きく役に立ちます。

YouTubeの字幕の位置変更のやり方は?

YouTubeの字幕については、オプションから文字の大きさや色、フォントの種類や背景色に至るまで

細かく設定ができますが、字幕自体の位置を自由に変えられるというのは意外に知られていません。

動画の内容次第では字幕が動画画面下部に固定されてしまっていると、大事な部分が見にくくなってしまって困る

という場合も多々あると思います。

そのような場合は、簡単に字幕を動かすことが可能です。

移動のやり方は、単純に字幕自体をドラックして移動するだけになります。

プレゼンテーションや講義の動画などの場合、上記のように字幕を右上に移動させれば、

プレゼンテーション中のYouTuberの表情や身振り手振りを逃さず確認することができます。

字幕の位置が標準のままだと、結果的にYouTubeのお腹や足ばかりに目がいってしまうことになるので

せっかくの動画の良さが半減してしまいます。

このように時と場合と動画の内容に合わせて字幕の位置を変更していけば、より効率的に動画の内容を

吸収することができることでしょう。

YouTubeの自動翻訳機能の精度は?

とはいったものの、YouTubeの自動翻訳機能の精度は徐々に向上してはいますが、まだまだ発展途上です。

海外の方が日本語訳をして自動翻訳に当てていますので、やはり少々、不自然な点は発生します。

なので、これをマイナスに捉えるのではなく、われわれ日本人がYouTube動画をよりよくするために

翻訳協力するというのも1つの選択肢かもしれません。

今や、YouTubeの通常の動画でも翻訳機能等を使えば、無料で簡単に外国語の勉強が出来てしまう時代です。

こういったものを活用しながらグローバル社会に順応していくのもありかもしれません。

YouTubeやライブ配信に関して相談がある方はこちらから!

お勧めのライバー事務所は?

公式ライバーになりたい方へ

ライバー事務所一覧