【YouTube】プレゼント企画のやり方は?

自身のYouTubeチャンネルにおいて、登録者数が増えてきたので視聴者に日頃の感謝の気持ちを伝えるために

プレゼント企画をおこないたいと考えているYouTuberの方もいるでしょう。

しかし、YouTubeにおけるプレゼント企画は少々、特殊でやり方に十分気を付けないとYouTubeでの規約違反を招いたり

かえって視聴者からブーイングを受けてしまったりと諸刃の剣になりかねません。

そこで今回は、YouTubeにおけるプレゼント企画のやり方や注意事項について解説していきます。

YouTubeにおけるプレゼント企画のやり方は?

YouTubeにおけるプレゼント企画に応募者を募集するやり方は多数存在します。

方法としては、チャンネル登録をする、動画へコメントを投稿する、動画への高評価を押すなどを応募方法とする

やり方が多く見られます。

これらのやり方についてが、注意をしておこなわないとYouTubeでの規約違反となってしまったり、

最悪の事態になってしまう可能性もあります。

プレゼント企画の内容は、iTunesカードやAmazonギフトカード、Google Playカードなどの

商品券をプレゼントするものがほとんどですが最近では、人気ゲームであるニンテンドースイッチを

プレゼント企画に盛り込むYouTuberも増えています。

商品券の場合、金額は1,000円~3,000円がもっとも多く見られます。

現金の場合だと視聴者も気後れしますし、現金を送付するとなると送付方法が難しかったり、

法律に触れたりして非常に難しいです。

あまり知られていませんが応募者が多数いる場合は、抽選にも手間がかかるため抽選アプリを使用した抽選が

多く用いられています。

また、公正に抽選がおこなわれたということを証明するために抽選自体を単体の動画コンテンツとしてアップする

YouTuberがほとんどです。

その方が公正な抽選を視聴者に直接、証明できるうえに再生回数も稼げるため合理的なのです。

また実際に抽選アプリ使って抽選をしている様子をそのまま動画として配信すれば、

視聴者もドキドキしながら結果を見れるのでさらにコンテンツとしての質上がります。

プレゼント抽選の際と同じように、抽選結果の様子も動画としてアップすればコンテンツとしても一石二鳥です。

しかし、動画内で当選者を発表したとしても当選者に直接伝わるとは限らないので、

別の方法で当選者に伝える必要があります。

以前はYouTubeにもTwitterのようなDM機能がありましたが、現在はその機能は廃止されてしまいました。

そのため現在の当選者通知方法としては、TwitterのDMが主流です。

そうしたかたちで当選者と住所等のやりとりをしてプレゼントを送付するというやり方になります。

ただ、ここからは住所等の個人情報の扱いとなってくるので細心の注意を払いましょう。

YouTubeにおけるプレゼント企画の注意事項は?

YouTubeにおける利用規約では、視聴者にプレゼントをしてはいけないといった規約は特にありません。

チャンネル登録をプレゼント応募の条件とするというのは、規約違反となる可能性があると言われていますが、

実際のところはグレーゾーンになります。

そもそものプレゼント企画の目的をチャンネル登録者に向けたものとすれば、チャンネル登録者を意図的に

買収したことにはなりません。

しかし、高評価を押すことをプレゼント応募の条件とした場合は、規約違反になる可能性が十分にあります。

こちらは確実に高評価を買収しているとみなされるからです。

高評価は動画の評価に直接的に関わることなので、禁止事項となるのも納得です。

なお、複数アカウントからのプレゼント応募を禁止とするのは当然OKです。

当たり前のことですが、複数のアカウントから応募をすれば当選確率も単純に2倍となり、不公平になるからです。

YouTube自体の規約に直接そのような文言はないですし、複数アカウント応募を発見するのもなかなか難しいですが、

出来るだけ禁止した方が良いことは確かです。

YouTubeにおけるプレゼント企画では信ぴょう性が大事

YouTubeにおけるプレゼント企画では企画の内容を明確にし、きちんと視聴者に対して開示をしないと

あらかじめ当選者が決まっていたんじゃないかとか、実際のプレゼントのやりとりはない再生回数を稼ぐための

釣りなのではないかと疑惑を視聴者に持たれてしまう可能性もあります。

悪質なやらせやウソだと思われないためにも、視聴者とのやりとりにも気を遣い普段から視聴者ファーストの

動画をつくっていく必要があります。

YouTubeにおけるプレゼント企画は、チャンネル登録者数や動画の再生回数を急激に伸ばことのできる

チャンス企画です。

だからこそ、視聴者に対して誠意をもって対応していく必要があります。注意をしながら、効率よくプレゼント企画を

おこなっていくのが良いでしょう。

YouTubeやライブ配信に関して相談のある方はこちらから!